仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

WEBデザイナーとして取得しておきたいスキル

公開日:2019/09/26  最終更新日:2019/09/27

パソコンで作業をする女性

WEBデザイナーになるためには、特別な資格は必要ありません。しかし、習得しておかなければならないスキルがいくつかあります。

ここでは、WEBデザイナーとして習得しておきたいスキルの中でも、代表的なものをご紹介します。

デザイン系のスキル「Photoshop」など

WEBサイトを制作するに当たっては、クライアントと打ち合わせを重ねながら、全体のレイアウトや配色などを決めていきます。

その際使用されるのが「Photoshop」や「Illustrator」です。「Photoshop」は主に画像を編集したり合成したりする時に使用し、「Illustrator」は主にロゴやアイコンを制作したりする時に使用します。

「Photoshop」と「Illustrator」はどちらか片方だけでもWEBサイトを制作すること自体は可能ですが、実際にWEBデザイナーとして活躍したいのであれば、両方とも使いこなせたほうが良いでしょう。

見た目の構築に関するスキル「HTML」など

画像や装飾などが決まったら、次は文章です。「HTML」や「CSS」などを使ってコーディングをしていきます。

コーディングとは、コンピューターに指示を出すこと。その際に使用されるのが、コンピューターが理解できる言語(マークアップ言語)である「HTML」や「CSS」です。

「HTML」で示した文章を、太字にしたり、色をつけたりするのが「CSS」です。デザイン性だけではなく、使いやすさなども考慮しながら決めていきます。

見た目の動きに関するスキル「JavaScript」

写真をスライドさせたり、カーソルを合わせたときに詳細メニューを表示させたりなど、サイトに動きをつけるために使用するのが「JavaScript」や「jQuery」です。

「jQuery」は「JavaScript」に比べて簡単に短くプログラミングすることが可能ですが、中身は「JavaScript」で構成されたプログラムですから、まずは「JavaScript」をしっかりと理解することが必要です。

これらはWEBデザイナーの業務に必須のスキルではありませんが、「JavaScript」や「jQuery」が扱えると現場では重宝されますし、キャリアアップにも繋がりますので、習得しておくと良いでしょう。

まとめ

WEBサイトは、「Photoshop」や「Illustrator」などの画像編集ソフトと、「HTML」や「CSS」、「JavaScript」などのマークアップ言語・プログラミング言語を総合的に使いこなすことで制作することができます。本気でWEBデザイナーとして活躍したいのであれば、少なくともこれらのスキルは習得しておく必要があります

独学でも不可能ではありませんが、効率的に学ぶのであれば、WEBデザインスクールに通うのがおすすめです。スクールやコースによって学習できるスキルは異なるので、未経験者でも総合的に学べるところを選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧