仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

資料だけじゃ分からない…体験授業に行ってみよう!申込方法や流れを解説!

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/29


WEBデザイナーになるためには、それなりにきちんとした勉強をしなければいけません。本当に自分にぴったりのWEBデザインスクールに入学したいと考えているのなら、資料だけを見て決めるのはやめましょう。各WEBデザインスクールには体験授業が用意されているケースが多いので、これに参加することをおすすめします。

ホームページから手続きができる場合が多い

WEBデザインスクールはたくさんあるので、まずは体験授業を受けたいと思えるところをいくつか見つけるところから始めましょう。資料やホームページを見れば、どのようなカリキュラムが用意されていて、WEBデザイナーになるためにどのような授業が受けられるのかハッキリさせられます。

また、卒業するまでの費用も明確にされているので、WEBデザイナーになるまでにかけられるお金が決まっているのならチェックしておきましょう。それぞれを比較すれば、プログラムやデザインの勉強をしたいと考えられるWEBデザインスクールが見つかるはずです。

そして、候補をいくつかに絞り込めて資料よりも詳しい情報が欲しい場合は、体験授業の申込み方を調べましょう。大抵の場合はホームページに、これからの開催日が載っていて手続きができるようになっています。もし、お目当てのWEBデザインスクールで開催していたのなら、締め切られる前にさっそく申込むことをおすすめします。

ちなみに、体験授業ではなく、体験会やオープンキャンパスなどの名称で開催されている場合も多いです。そのため、ホームページで開催状況を調べるときは、それらの言葉も気にしてチェックするとよいでしょう。ただし、説明会や見学会といった名称の場合は、名前の通り説明と見学のみで、授業を体験できない場合もあるので気を付けなければいけません。

WEBデザインスクールまでのアクセス方法を調べよう

WEBデザインスクールの体験授業に申込んだのなら、つぎはアクセス方法を調べるようにしましょう。近所にあって間違いなくスムーズに到着する自信があるなら確認の必要はありませんが、そうでないのならチェックしておいたほうが安心です。

なお、アクセス方法を一番簡単に調べる方法は、WEBデザインスクールのホームページを見ることでしょう。ほぼ100パーセントの確率でアクセスマップが載っているため、そちらに目を通せばだいたいの行き方を知ることができます。もっとも近い駅やバス停の場所、そしてそちらから徒歩何分なのかなどが掲載されているので役立てましょう。

ただし、ホームページのアクセスマップでは電車やバスの時刻表までは調べることはできないのが難点です。しかし、現在では両方ともインターネットで調べられるため、気になるのなら検索をしてみましょう。平日と休日の時刻表が異なるのはよくあるので、訪れる曜日を考えて間違えないようにすることが大切です。

実際に調べてみて、迷わずに訪れられるのか心配に感じるのなら、一度現地までいってみるのもよいでしょう。ただし、体験授業は一回だけではなく何回も受けられため、訪れられなかったら次回に受け直せばよいだけなので、それほど神経質になる必要はありません。

受け付けを済ませることだけを考えればよい

WEBデザインスクールでは、何をおこなうのか分からないので、当日の流れを知っておきたいと考える方もいるはずです。その場合は、ホームページに記載されている体験授業の内容をチェックするようにしましょう。そこには、当日に何をするのか、何時から何時までおこなうのかも書いてあるので安心して参加できるようになります。

なお、体験授業を受けにいくときに絶対にやらなければいけないことは、受け付け時間内にきちんと手続きを終わらせることです。それさえ終われば、あとは学校の教師やスタッフの案内の通りに行動するだけで大丈夫です。そのため、面倒ならば当日に何をおこなうのかは調べずに、受け付け時間だけ調べるのもよいでしょう。

 

WEBデザインスクールの体験授業への参加は決して難しくはなく、これからの開催日が決まっているのなら今すぐにでも申込むこと可能です。特別な知識や技術が必要となるわけではないため、気軽に申込をして気軽に参加してしまいましょう。普段おこなっている授業ではなく、入学希望者のために用意された授業なので誰でも楽しく体験できます。

ちなみに、多くのところでは予約が必須となっていますが、なかには予約をしなくても参加できる体験授業も存在しています。仕事が急遽休みになったなどの理由でやることがなくなったのなら、予約なしで参加できるところ探してみるのもよいでしょう。どこに訪れたとしても、WEBデザイナーになるための授業をばっちりと体験できます。

おすすめ関連記事




サイト内検索