仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

WEBデザイナーになりたいなら!プラスαのスキルも身につけよう!

公開日:2022/04/01  最終更新日:2022/05/19

近年、数多くのwebサイトが公開されていますが、多くの人に見てもらうためには、デザイン性や機能性の高いwebサイトを制作する必要があります。Webサイトのデザインを設計する職業にwebデザイナーがあり、近年インターネット普及に伴い注目されています。今回はwebデザイナーに求められるスキルについてまとめました。

プログラミングスキル

webデザイナーは、webサイトのユーザーが直接目で見て操作するUIを設計します。プログラミングスキルはデザイン設計において必須ではありませんが、webデザイナーがプログラミングスキルを習得する価値は十分にあります。

具体的にプログラミングスキルを習得することで、打ち合わせ時にプログラマー目線でデザインについて考えることができ、チーム内でコミュニケーションを円滑に図ることができます。また、デザインカンプをコード化する際にもプログラミングスキルが役立ちます。

Webデザイナーは、特にフロントエンドを掌るHTML、CSS、Javascriptのコーディングスキルを習得することで市場価値を高めることができます。プログラミングスキルを習得することでデザインからサイト制作まで一貫して携わることができます

コミュニケーションスキル

デザイナーの仕事はwebディレクターやプロジェクトに参画するメンバーとの打ち合わせに参加することから始まります。打ち合わせでは制作物の確認や納品日の確認を行い、話し合った内容を基にデザインカンプを作成します。デザインカンプの作成では、自分が把握しているデザイン像と乖離がないか、webディレクターに適宜確認しながら作成を行います。

作成するWebサイトのページ数など、規模によってプロジェクト体制は異なりますが、基本的にサイト制作はチームで活動することとなります。チームで活動するため、Webデザイナーは周囲と積極的にコミュニケーションを図る必要があります。webデザイナーにとってコミュニケーションスキルは必須です。

UI/UXデザインスキル

UI/UXデザインスキルはwebデザイナーに必要なスキルの一つです。UIとはユーザーインタフェースの略で、webサイトのボタンや画像など外観に関わる全ての情報を表します。UXはユーザーエクスペリエンスの略で、webサイトを利用してユーザーが感じたこと全般を表します。UI/UXデザインを最適化することで、ユーザーが心地よくwebサイトを操作することができ、尚且つクライアントの目的を達成することができます。

UI/UXデザインを最適化するためには、ユーザーがwebサイトの操作を心地よくできるかどうかユーザー目線で考える必要があります。webサイトの見た目の美しさや使いやすさはサイトの利便性を大きく左右するため、UI/UX設計はサイト制作において重要です。

マーケティングスキル

web制作ではデザイン制作の前にクライアントに対してヒアリングを行い、競合他社の調査分析を実施します。調査分析を通して、クライアントがPRする製品の強み、アピールポイントを明確にします。

Webデザイナーにマーケティングスキルは、市場価値を高めるために必要となります。マーケティングスキルは、様々なクライアントのプロジェクトに参画することで身に付いていきます。

SEO・Webライティングスキル

SEOとは検索エンジンで検索したときに、webサイトが検索上位に表示される技術です。Webサイトの検索順位は様々な項目から審査が行われます。具体的には以下の通りです。

・最後までページが読まれているか

・ページの表示速度は適切か

・ハイパーリングが多く使われていて信頼できるサイトか

Googleの場合、現在では3か月に1回、webサイトの表示順位の見直しが行われています。ユーザーにとって良い検索情報を上位に表示するために必要な技術です。webサイトのデザインも間接的にSEOに影響します。SEOの知識はwebデザイナーに求められる重要なスキルの1つです。

一方でwebライティングスキルは、webサイトの記事を適切な日本語で書くスキルです。記事を多くの人に読んでもらうためにはユーザーが読みやすい記事を書く必要があります。ブログを書く人に求められるスキルであり、webデザイナーに求められるスキルではありません。

 

今回はwebデザイナーに求められる5つのスキルについてまとめました。Webデザイナーはコミュニケーションスキル、UI/UXデザインスキル、SEOスキルが特に求められます。プラスαとしてフロントエンドのプログラミングスキル、マーケティングスキルを習得することをお勧めします。

Web業界は技術の進歩が著しく、新しい技術を積極的に取り入れていく必要があります。高度なデザインスキルと併せてプラスαのスキルを身に付け、webデザイナーとしての差別化を図ることで、10年先も活躍できるwebデザイナーを目指しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧