仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

WEBデザイナーになれたらその次は?今後のキャリアパスをご紹介!

公開日:2022/03/01  最終更新日:2022/04/07

「WEBデザイナーとしての仕事はやりがいがあるけど、これからどのようなキャリアパスを歩めばよいのだろうか」そんな悩みを持っている人は多いと思います。WEBデザイナーの経験を活かせる職種は多く、将来的な可能性は開かれているといえます。この記事ではWEBデザイナーからキャリアアップできる職種と必要なスキルについて紹介しましょう。

UIデザイナー

UIとは「User Interface(ユーザーインターフェイス)」の略称です。UIデザイナーは、ユーザーが操作しやすいサイトを作るのが仕事です。見た目だけではなく、機能性や操作性という点に重点を置いてサイト設計をしていきます。

高いデザイン性とあらゆるユーザーに対応可能なユーザビリティが同時に求められる現在のWEB業界では、需要が高まっている職種です。WEBデザイナーとは考え方や理論が異なるので、UIデザインについて学ぶ必要があります。

またUI製作に必要なソフトも使える様にならなければなりません。UIデザイナーを目指すなら、普段からユーザーの視点を意識したデザインを心がけましょう。

UXデザイナー

UXとは「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略称です。UXデザイナーはユーザーがサービスを通じて、楽しく心地よい体験ができるように誘導していくのが仕事です。

業務領域的にUIデザイナーより上位職にあたりますが、区別していない企業もあります。SEO対策やサイト分析などのマーケティングの知見も求められます。WEBデザイナーからのキャリアアップとしては、まずはUIデザイナーとして実績を積んでからUXデザイナーを目指すとよいでしょう。

WEBディレクター

WEBディレクターはWEB製作のプロジェクトの実務部分の管理責任者です。チームスタッフのマネジメントから、品質保持、クライアントとの提案・折衝などあらゆる業務を行います。

WEBデザイナーからのディレクター系のキャリアとしては、真っ先に思い描く人も多いのではないでしょうか。WEB全般の幅広い知識だけでなく、高いコミュニケーション能力やマネジメント力が求められます。

社内・社外への高いプレゼンテーション力も必要です。WEBデザイナーに比べて対人の部分での業務が増えてくるので、デザインスキルだけではなくリーダーシップなどのヒューマンスキルを身に付けるよう努力しましょう。

製作の現場では上流職になるので比較的高い収入が期待できます。チームで仕事を進めるのが得意な人には向いている職種といえるでしょう。

アートディレクター

アートディレクターは、WEB製作におけるビジュアル面での進行と品質を管理する責任者です。プロジェクト全体のテーマやビジュアルのディレクションが主な仕事です。

各デザイナーやカメラマン、ライターなどのスタッフを統括しプロジェクトの舵取りをします。そのため、ビジュアルデザインのスキルだけでなく、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力も必要になります。

クリエイティブな能力が不可欠となるため、グラフィックやアート方向に比重を置くWEBデザイナーからのキャリアアップにおすすめです。WEB以外にも、紙媒体や動画などのディレクション経験が必要な場合があります。

WEBプロデューサー

WEBプロデューサーはプロジェクト全体の統括責任者としてビジネス面での管理を行っていきます。具体的にはマーケティングやコンセプト設計から、収益計画の立案、人員と予算の確保などです。プロモーション戦略も行うことがあります。

WEBディレクターが実務的な製作の管理だとすれば、WEBプロデューサーはビジネス面での管理を行う立場といえるでしょう。WEBに関する知識だけでなく、ビジネスに必要な多くの知識と実務経験が必要になります。まずはWEBディレクターとして経験を積み、将来的にプロデューサーを目指すというのが現実的です。

コンサルタント

コンサルタントは、クライアントにWEB開発・製作や運営に関するコンサルティングを行う仕事です。WEBに関する知識はもちろん、課題を発見し解決策を提示するためにクライアントの業界に対する深い知識も持ち合わせていなければなりません。

高いレベルで総合的なビジネススキルが必要なため、WEBデザイナーから直接コンサルタントになるというのは難しいといえます。WEB業界で長い経験と実績を積んでから、コンサルタントへのキャリアアップを考えるとよいでしょう。

 

以上、WEBデザイナーからのキャリアパスについて紹介しました。現在WEBデザイナーとして活躍している方は、参考になったかと思います。WEBデザイナーからの他の職種へのキャリアアップは現在の業務の中身や、本人の指向・適性によってさまざまに分岐する可能性を持っています。

WEBに関する職種は今後も増え、キャリアパターンは広がっていく可能性があるでしょう。自分が活躍できるのはどのフィールドなのか、今の仕事の中でどんな能力が次のキャリアへ活かせるのか。そういったことを意識しながらスキルを伸ばすことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧