仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

未経験でも転職に有利なポートフォリオが作れるようになる方法とは?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/10/25


今まで勤めてきた職場での仕事が辛い、自分に合わないと感じるようになったり、もっと別の仕事に興味を抱くようになったりして転職する人も多くなりました。転職に有利なポートフォリオを作り上げると期待の新人として迎え入れてくれる企業も増えるでしょう。どのような方針を立てると魅力的な転職先を見つけることができるのでしょうか。

まずは未経験でも受け入れてくれる業界を厳選しよう

転職に有利なポートフォリオを作り上げる上でまず理解しておく必要があるのが、あらゆる職種と業種で受け入れてくれるような人材になることは事実上不可能だということです。

人のキャパシティーには限界があるので、何でもできるような人間になることはまずできません。そのため、どの業種で、どんな職種で働きたいのかを明確にすることが大切です。

特に新しい分野にチャレンジしたい場合には経験がない人も受け入れてくれる業種や職種の中から候補を選び出す必要があります。一般的には人材が不足している業界では未経験の人も採用して育てようと考える傾向があり、本当に人材確保が急務になっていると社会人として働いた経験がない人すら採用しているのが実態です。

代表例として介護業界やIT業界が挙げられます。介護業界では高齢化に伴って介護施設の需要が高騰しているにもかかわらず、働き手が少なくてサービスを十分に提供できない状況があります。そのため、ほぼあらゆる職種や業種からの人材を受け入れているのが現状です。

一方、IT業界ではエンジニアの人材の獲得競争が激しく、中小企業では必要数の人材を確保できずに苦労しています。多少のスキルがある人なら受け入れて育てようという方針が立てられているのが通例です。このような業界の中からどこで働きたいかをまず決めましょう。

魅力的な人材だと示すのに何が必要かを考えよう

希望の業界が決まったら、その業界で自分が魅力的な人材だということをどのようにして示すかを考えましょう。経験がない以上はポテンシャル採用なのできっと成長すると言えるような魅力を見つけられた人材でないと採用されることはありません。

例えば、介護業界であれば高齢者とのコミュニケーションが得意だとアピールすれば良いと思うかもしれません。しかし、その主張に根拠がないと納得してもらうことはできないでしょう。ボランティア活動に参加してきた経歴があると客観的な根拠があるので魅力を感じ取ってもらえます。

一方、IT業界ではエンジニアにとって欠かせないプログラミングができるとアピール力があります。その根拠として専門学校を卒業していたり、資格や認定を持っていたりすると優秀なエンジニアになってくれると期待してもらえるでしょう。

このように志望先の業界で必要とされている能力について客観的根拠を作り上げていくのが転職に有利なポートフォリオを作り上げることにつながります。

東京のWEBデザインスクールに通おう

介護業界やIT業界と並んで需要が高い業界としてWEB業界もあります。WEBの活用は個人レベルでもビジネスレベルでも進んでいて、インフラ作りにも積極的に用いられているのが現状です。

WEB業界で働きたいと思ったら東京のWEBデザインスクールに通うのが良い方法でしょう。WEB業界ではWEBディレクターを筆頭として、WEBデザイナー、CGクリエイター、コーダー、WEBエンジニアなどのさまざまな専門家が働いています。多様な職種の中から自分に合っているものを選び、専門家としての知識やスキルを身につければ未経験でも採用してもらえるでしょう。

ITに強いならエンジニアの養成スクールに通う方法もありますが、WEBデザインスクールならWEBデザイナーやWEBに関連する多くの職種を候補にすることができます。一つの学校の中に複数の職種を希望する人が集まっていてコミュニケーションを取る機会もあるのが魅力です。

現場ですぐに他の職種の人と意思疎通をしながら働ける人材だということもアピールできるので、転職で有利になることは間違いありません。WEBデザインスクールのコースを一通り見てみて、自分がやりたいものはないかを探してみましょう。スクールに通って学歴を作り、資格の取得も目指せばきっと転職に成功できるようになります。

 

転職で有利になるようなポートフォリオを作り上げるのは、未経験の職種や業種にチャレンジできるようにするには欠かせないことです。まず未経験でも受け入れてくれる業界の中から興味のあるものを選び出しましょう。

そして、その業界でどんな人材が求められているかを調査し、自分が人材として魅力的だと思ってもらえるような客観的根拠を作り上げていくのが良い方法です。

WEB業界に興味を持ったら東京のWEBデザインスクールに通いましょう。専門的な能力を身につけたことを卒業によって示せるようになり、資格も取得できる可能性があるので転職で有利になります。

おすすめ関連記事




サイト内検索