仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

東京のWEBデザインスクールの教室開放・PC開放を有効活用する方法

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/10/30


日本はもちろんのこと、世界各国でも21世紀に入ってIT化の波が一気に押し寄せました。インターネットの基本となるWEBサイトの制作をするには、WEBデザインスクールに通うことでスキルを身に付けられますが、ここでは東京にあるスクールで実施されている教室・PC開放を有効活用する方法と得られるメリットについて見ていきましょう。

WEBデザインスクールは何をする学校なの?

WEBデザインスクールとは、インターネットの基礎プログラムの構築と各サイトのデザインに必要なスキルを身に付けられる学校です。2020年8月時点で全国に計1,500ものWEBデザインスクールが存在します。そのうち650の施設が東京一帯に点在しており、IT技術の発信地という側面もあります。

日本では1990年代後半にブロードバンドの整備が全国各地でなされ、それと同時に一般家庭にもパソコンが普及しました。同時期に東京・大阪・名古屋といった大都市圏でWEBデザインスクールが登場しはじめ、現在に至ります。スクールで学べるものはプログラミング・Javaスクリプト・C言語となっており、どれもホームページに作成に必要不可欠な技術なのが特徴です。

WEBデザインスクールで学べることは、ホームページや各種アプリといったソフトウェアのプログラム構築ということになり、IT化社会にとって必要なスキルを学べる学校といえます。インターネットが我々の生活の基盤を担う時代になったことで、小学校でもWEB関連の授業が必須化しました。

今後もますます需要がある分野であり、幅広い年代が活用していくスクールであるといえるでしょう。昨今ではプログラミング以外のスマートフォンの使い方や、AIを駆使したロボットの制作というカリキュラムも用意されている学校もあるほどです。

東京のWEBデザインスクールでなされている教室開放について

東京には2020年8月時点で、計650のWEBデザインスクールがあります。このうち計20のスクールをピックアップしてその特徴をリサーチしてみたところ、どのスクールでも教室・PCの開放という生徒向けのサービスが実施されていることがわかりました。教室開放というのは、講義がない時間に教室を自由に使用できることさしており、設置されているPCも自由に操作できるというものです。

一般的なWEBデザインスクールの場合、使用するパソコンにはパスワードが設定されていて、各生徒に1つのパスワードが配布されます。必ず決まった座席の端末しか使用できないようになっていますが、東京のWEBデザインスクールでは1つまたは2つの教室を開放して、端末も自由に操作できるようになされているのが特徴です。

自宅にパソコンがなくて自習ができないという方に向けた学校側の配慮であり、この開放時間を使用して予習・復習に励めるというわけです。使用する際の注意点として、ネットサーフィンをなされる場合は必ずcookieを削除するようにしましょう。ブラウザには自動でcookieというIDとパスワードを記憶するデータプログラムが起動します。そのままの状態にしておくと、あとで第三者が会員ページにログインする恐れがあるのでしっかりとセキュリティー面に気を付けておくことが大切です。

教室開放と設置しているPCを有効活用するメリットは何?

自身専用のパソコンがあって自宅でも予習・復習できる環境がある場合でも、WEBデザインスクールの教室開放とPC開放を活用するメリットはあります。そのメリットに挙げられることが、高性能のパソコンを使ったWEBデザインができるということです。東京のスクールに設置されている端末をみると、16GBのRAM・グラフィックボード・SSDを搭載したマシンを設置されていることがわかりました。

一種のハイスペックマシンに位置付けられるもので、一般家庭に備わっているパソコンとは一線を画する機能を有しているのが特徴です。プログラミングを行うためには高速処理を実行できる端末でないといけないため、各スクールでは生徒の利便性を考慮してよい機材を揃えているといえます。教室・PCの開放をなされている場合、この高性能マシンも自由に使用することが可能です。

普段使用しているマシンでは効率よくプログラムを組み立てられないということがあっても、WEBデザインスクールの端末を使用すればその問題も打開できます。スクールでは必ず課題の提出も求められるので、その課題制作時に教室開放を利用して制作に打ち込むのもよいでしょう。教室解放時は他の生徒も利用するので、交流を持つ場にも利用できます。ソフトウェアの開発やプログラミングの話をして、意見交換をする場で活用するのもスキルアップに役立ちます。

 

以上、WEBデザインスクールの概要と東京のスクールで利用できる教室・PC開放の有効活用法について説明しました。生徒のために用意されている教室開放サービスでは高性能パソコンを使用できる配慮もなされており、普段使用しているパソコンとは違ったハイスペックマシンに触れるチャンスを得られます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧