仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

WEBデザインスクールでの学びは副業に活かせる?

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/05/28


ネット社会の現代、WEBデザイナーの需要は高まっています。スマートフォンアプリも次々と便利なものが登場していますが、これらの開発でもWebデザイナーは欠かせない存在です。WEBデザインスクールに通った場合、卒業後の進路はさまざまですが、副業でも活せるのでしょうか。WEBデザインの副業について紹介しましょう。

WEBデザイナーを副業にするには?

WEBデザイナーになるために、資格は必要ありません。そのためWEBデザイナーと名乗るだけでは、どれくらいの実力があるのかわからないというのが実際のところです。副業でWEBデザイナーとして仕事をしたい場合、まずは自分の作品を知ってもらう必要があるでしょう。そして安定した収入を得ていくためには、営業もしなければいけません。

自分で仕事を獲得して成果を出していくことで、WEBデザイナーとして知ってもらうことができ、新しい仕事の獲得にもつながっていくのです。また、案件を獲得していくためには、資格を取得してアピールすることも重要となります。WEBデザイナーとしてどのようなことができるのか、どのようなジャンルが得意なのかなど、プロフィールも用意してアピールしていきましょう。

副業での仕事の場合、ホームページやイラスト作成、パッケージデザイン、アプリ開発など、仕事内容は多岐に渡ります。副業で仕事をする際には、人脈も重要になってくるでしょう。友達や仕事でつながりがあった人などから、仕事を紹介してもらえる可能性もあるのです。SNSを通してデザイナーとしての自分を発信していくことも、営業活動につながっていくでしょう。

WEBデザイナーを副業にするメリット・デメリット

WEBデザイナーを副業にする場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

副業でWEBデザイナーとして仕事するメリットとして、実務経験を積みながら、勉強できる点が挙げられます。初心者でも自分が挑戦できる案件を受注して実績を増やしながら、新しい案件に挑戦していくことができるので、実力アップが目指せるでしょう。いろいろな案件に挑戦できるので、業務の幅を広げていくことが可能です。案件によっては求められるスキルも変わってくるため、新しいことを学んでいく時間も確保しておきましょう。

さまざまなスキルを身につけることで、応募できる案件のジャンルも増やすことができます。ある程度経験がある人は、スムーズに案件をこなすことができるので、収入を得やすいでしょう。空いた時間を活用して効率よく仕事ができ、プライベートの時間も充実させることができますよ。実務経験があれば、大きな案件にも挑戦しやすくなります。

デメリット

副業でWEBデザイナーとして仕事をするデメリットは、必ずよい案件に出会えるとは限らないということです。優良な案件は、競争率も高くなってしまいます。受注できたとしても、クライアントの指示が不明確で内容が二転三転してしまうなど、トラブルが起こることもあるでしょう。時間をかけた割に、思うような収入が得られなかった・・・というようなこともあるかもしれません。

収入について

WEBデザイナーの仕事を副業にした場合、どれくらいの収入が得られるのか気になりますよね。報酬に関しては案件によってばらつきがあるので、正確な金額は出しにくくなっています。副業サイトで募集されている求人から時間給を割り出すと、時給1200~1500円くらいが相場となっているようです。

週20時間仕事すると、だいたい月に10~12万円くらいの収入が得られるのではないでしょうか。もちろん受注する案件の内容によって異なるため、さらに収入を得ている人も、数千円から数万円くらいという人もいます。本業とのバランスも考えながら仕事をしていきましょう。

クラウドソーシングの活用

WEBデザインの副業には、クラウドソーシングの活用がとても便利です。クラウドソーシングサービスに登録することで、デザインの仕事を依頼したい企業とマッチングできるかもしれません。企業に提案営業することもできるので、まずは仕事を獲得し、そこから長く付き合っていけるクライアントを探してみるのもおすすめです。

ただし、クラウドソーシングの案件は単価が低いものも多いため、最初から稼げるということは少ないと思っておいたほうがよいでしょう。クライアントから選んでもらうために、ポートフォリオやプロフィールは充実させておいてください。クラウドソーシングサイトは、登録にお金はかからないので、積極的に活用したいですね。会員登録しておくことで、仕事を探しやすくなりますよ。

 

WEBデザインスクールで学んだことは、副業で活かすことができます。WEBデザインスクールでは、卒業後の進路も紹介してくれますが、現在の仕事を続けながらWEBデザインの副業をしたいと考えている場合は、そのようなスタイルで仕事をすることも可能です。学校を卒業したら、どのように仕事をしたいのかしっかり考えておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧