仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

東京のWEBデザインスクールでトップクリエイターになるために学ぶべき知識

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/10/30


東京のWEBデザインスクールでは実に水準の高い教育を行っています。意欲がある生徒が集まるのも特徴でしょう。上を目指したい際にはぜひとも東京の学校に通ってみてほしいところです。とはいえ、実際にトップクリエイターになるためには、どのような勉強をしていったらよいのでしょうか。こうしたことはなかなか学校でも教えてくれません。

まずは学ぶ姿勢の習慣化と基礎から身につけよう

東京のWEBデザインスクールは実に教育も充実しています。しかし、受け身で学んでいてはトップクリエイターになれるとは限りません。むしろ第一線で活躍しているトップクリエイターの人は自主的に学び努力したため世界で通じる実力を身につけたのです。こうしたこともあり、東京のWEBデザインスクール在学中から積極的に学んでいく姿勢を身につけることが大事です。

自分で学ぶことを習慣化すれば一気にトップクリエイターへの道も近づいてきます。 具体的に学んでおきたいのはデッサンの基礎です。東京のWEBデザインスクールでもデッサンはやることもありますが、こうしたことはできて当たり前なこともあり、スキップされることもあります。

そもそも「昨今は3D主体なのにどうして基礎的なデッサンをやらないといけないのか」と考える人もいるかも知れません。こうした意見も解りますが、やはりデッサンができないと3D等も上手くできないことは理解しないといけません。デッサンは苦手な人もいますが、時間をかければ必ず上達してくるものですから、一日一枚書くことを習慣化すればよいでしょう。

もちろん、他の人に見てもらえば一気にデッサン力も高まってきますからおすすめです。友人などに見てもらうとよりよいでしょう。このようなことは地味に思えるかもしれませんが確実に実力アップにつながります。

WEBデザインソフトの使い方やコーディング技術を習得しよう

東京のWEBデザインスクールではいろいろなソフトウェアも使います。こうした製品をしっかり習得しておくことも大事です。Photoshopなどのように、実にいろいろなものがありますが、こうしたものをじっくりとマスターすれば仕事もよりしやすくなってきます。やはり道具の使い方を知らないとよい作品もできませんから、まずはしっかりと仕事で使う道具などの使い方を習得しておいてください。

コーディング技術も身につけておくことが大事です。これも忙しい学校のカリキュラムではないがしろにされやすいものになっています。かといってコーディング技術を疎かにすると仕事の幅も一気に狭まってきますから、第一線で活躍する技術者になるためにもじっくりと学んでおきましょう。

実際、トップクリエイターはコーディング技術もよくできる人が多くなっています。学んでおきたいプログラミング言語はいろいろとありますが、まずは基礎的なJavaScriptなどから学んでいくことをおすすめします。独学するのが難しい場合には、プログラミング学校に別途で通っても問題ありません。

こうした技能は就職時に役立ってくることはいうまでもありませんし、実際に就職した後も何かと重宝します。仕事が始まると一気に忙しくなってプログラミング言語等を学ぶ時間もなくなってきますから、時間がある在学中にしっかりと学んでおくことをおすすめします。

コンテスト出展や作品の研究、人脈作りも大切

東京のWEBデザインスクールのカリキュラムは2年制が多いものの、カリキュラムも詰まっており実にあっという間に過ぎてしまいます。このような在学中の期間をいかに上手に過ごせるかでトップクリエイターになれるかどうかも変わってきます。一歩差をつけるためにも、できればコンテスト出展などもしてみてください。コンテストに参加すればよい勉強になりますし、自身もついてくるはずです。もちろん、就職時にもアピールしやすくなってきます。

さらにトップクリエイターの作品を研究することも大事です。トップクリエイターの作品はやはり時代を一歩先行く先見性があるもので、こんなセンスを身につけることが大事になってきます。トップクリエイターの作品を完全に写生するというのもありでしょう。このようなことを繰り返せば次第にセンス感覚も磨かれてきますからおすすめです。

在学中は友人などをしっかりと作ることも大事です。仕事をし始めるとやはりこうした交流関係が生きてきます。いろいろと励まされたりすることもあるでしょう。

このようにトップクリエイターになるためにしておきたいことは多いですから、在学中の時間を無駄にしないようにしておいてください。もちろん、就職後も現状に満足しないで研鑽を積んでいくことも大事になってきます。このようなことができるかどうかでトップクリエイターになれるかどうかが変わります。

 

WEBデザインのトップクリエイターとして注目されるためには、上記で紹介したことに気をつけるとともに、ぜひともいろいろな体験をしてみましょう。こうした体験がよい感性を培うものであり、独自性も生まれてきます。いずれにしても努力を重ねていくことが大事です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧