仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

WEBデザイナーに就きたい!スクールでは就職のサポートもしてもらえるの?!

公開日:2020/01/01  最終更新日:2019/12/25

東京にはWEBデザインスクールがたくさんあるので、しっかりと選定すれば、立派なWEBデザイナーになることが可能です。『勉強だけではなく就職のサポートをしてくれるWEBデザインスクールがあったらよいのに』と考える方もいるはずです。その希望を叶えてくれるWEBデザインスクールは東京にいくつも存在しています。

すべてのところが就職サポートをしているわけではない

WEBデザインスクールが就職サポートをしてくれるといっても、すべてのところがおこなっているわけではありません。また、おこなっていたとしても、満足できるクオリティではない可能性もあるため、きちんと選定することが重要となるのです。卒業間近になって十分な就職サポートを受けられないことが分かっても後の祭りなので、入学前の入念なリサーチは重要だといえます。

なお、積極的に就職サポートをおこなっているWEBデザインスクールは、公式ホームページで積極的にアピールしているのでチェックしてみましょう。トップページに大きく記載されていることもありますし、卒業生の進路状況を説明するコンテンツに載っていることもあります。

もしも、情報が載っていないのなら、おこなっていないか、おこなっていたとしてもクオリティが高くない可能性が高いです。どちらにしてもよい傾向ではないので、よほどWEBデザイナーになるためのカリキュラムが気に入っているのではない限り、ほかのところを検討したほうが無難です。

ちなみに、WEBデザインスクールによっては、通学タイプではなく通信講座タイプの授業をおこなっている場合もあります。もしも、通信講座の利用を考えているのなら、就職サポートの確認はより大切になります。

それは、通学のほうではおこなっていても、通信講座ではおこなっていない可能性もあるからです。通信講座のサービス概要に目を通せば、働き先を紹介してくれるのかどうか記載されているはずなので、しっかりと読むことをおすすめします。

就職率をきちんとチェックしよう

WEBデザインスクールの資料やホームページに記載されている説明に目を通すと、素晴らしいサポートが受けられると感じてしまうかもしれません。しかし、どこでも自分たちがおこなうサービスは素晴らしいものとして紹介しているため、本当のところはどうなのかは分からないでしょう。

もしも、本当に素晴らしいサービスを提供してくれるのか知りたいのなら、カリキュラムだけではなく就職率をチェックしたほうがよいです。そのパーセンテージは嘘をつけないため、高ければ高いほどWEBデザイナーとして会社で働ける確率が高くなります。

就職先もしっかりとチェックすること

WEBデザインスクールが発表するパーセンテージを見ると、ほとんどの卒業生が入社できているケースもあります。そのような数値を見ると、とても素晴らしいサービスが提供されている考える方もいるでしょう。しかし、本当に希望していた会社に勤められたのかは別の話なので注意しなければいけません。

どこでもよいので入社できればよいというスタンスのサポートの場合は、とにかく実績を作ることが大切なので、希望していた会社に入るのは難しいでしょう。そのため、ある程度の立派な会社で働きたいと考えるのなら、卒業生の進路についてチェックすることをおすすめします。代表的な就職先を公表しているところがあるので、そちらならどの程度のグレードの会社に入れるか把握することが可能です。

なお、公表されている会社名を調べれば分かりますが、ほとんどWEBデザイナーとは関係ないケースもあります。もしも、夢を叶えたいなら漠然と会社名を見るのではなく、WEBデザイナーの仕事ができる会社への入社実績を確かめるようにしましょう。

 

多くのWEBデザインスクールでは就職サポートをおこなっていますが、それぞれのクオリティはまったく異なります。そのため、カリキュラムだけを確認するのではなく、どこまで手伝ってくれるのかチェックすることが必須だといえるでしょう。

これまでの実績をきちんと調べれば、理想とするWEBデザイナーになるための道を提供してくれるところがきっと見つかるはずです。なお、WEBデザインスクールによっては、授業体験や設備見学ができるオープンキャンパスを開催しています。そして、そのオープンキャンパスに参加すれば、就職サポートについて説明してもらうことが可能です。

人生がかかっているのですから、きちんと話を聞いて、自身の将来を任せられるか検討しましょう。もちろん、メールや電話でも質問することができますが、できることならば、対面で話せるオープンキャンパスの利用を強くおすすめします。

おすすめ関連記事




サイト内検索