仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

IT初心者の強い味方!東京のWEBデザインスクール

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/27

WEBデザインを学ぶことは単に、WEBサイトを作ることができると言うことではなく、集客に結びつくWEBサイトを作る能力を獲得する、という意味になります。狭義の学びであれば、HTMLやグラフィックのアプリケーションの独習だけで済むのでしょうが、今日的意義で言えばそれは趣味の領域に過ぎません。学ぶのであればその一歩先となります。

WEBデザインで学ばなければいけない要素とは

WEBデザインがホームページを作るための技術であると定義するのなら、WEBデザインスクールは不要です。なぜならホームページを記述するための基礎言語であるHTMLは教則本によって独習可能なのですから。そして彩りを添えるためにグラフィックの要素を検討するにしても、PhotoshopやIllustratorも同様に教則本で学ぶことができますし、各種WEBサイトでも必要十分な記述がなされ、初心者でも学ぶことができるでしょう。

しかしこれを学ぶだけでは、でき上がるのは趣味のレベルのホームページです。今日的意義を持たせるのなら、マーケティングと切り離すことはできません。マーケティングの定義は「売れる仕組みづくり」なのですから、そこに商売のツールとして大きな威力を発揮するものに仕立て上げる必要性があります。マーケティングが経営学を構成する1ジャンルである以上、これを独習しようとするのは無理があると考えるべきではないでしょうか。

とすれば、HTMLであれCSSであれ、SEOを無視した記述では限界があります。タグのひとつひとつに集客というテーマを持たせるには、これはもう独習では無理と言ってよいです。したがって体系的に学び、効果的なHTMLやCSSの記述方法を学ぶ必要が生じます。  その上で我流でないグラフィックのアプリケーションを学べば、まさに鬼に金棒です。

初心者こそ学ぶべき最初が肝心

初心者というのは、ある分野の入り口に立った時、普通は好き嫌いでしか価値判断ができません。しかしプロであれば、好き嫌いではなくて価値の是非で判断しています。ここに大きな違いがあり、プロとアマチュアが峻別されます。

ではWEBサイトの価値とはなんでしょうか。それは、マーケティングのツールになり得るかどうかの違いと言っていいでしょう。アマチュアの意識では、見た目がよいということだけが判断基準になります。一方でプロの意識では、このサイトは集客できるのかどうか、が判断基準になるのです。したがってプロの目からは、ひとつひとつのクリックでいくら稼げるか、が重視されるのは当然と言えます。

こうした問題を解決して、プロフェッショナルの視点を得るのは独習ではほぼ無理です。そのためひとつひとつの学習要素の意味を学び、それを有機的に結びつけていくという知識体系を構築するのは、やはり首尾一貫した教育によるのが最良でしょう。こうした出発点は、くどいほど繰り返して基礎固めをする必要があるのですが、初心者が独習すると一番軽視される部分でもあるのです。最初から正しく行なうことが、成功の秘訣と言ってよいです。

こうした需要に応えるのがWEBデザインスクールです。まずHTMLとCSSの卓を基本から学び、効率よく整然とした記述の仕方を覚えます。そしてそこに、SEOの観点からこうすることが有利である、という方法を学びます。むしろグラフィックのアプリケーションはオマケと言っても良いくらいです。

WEBデザインスクールに通うならば

まず各種専門学校が沢山あり、選択肢が豊富な首都圏が有利になるでしょう。したがって地方に比べれば東京が有利なのは言うまでもありません。東京という地の利を生かして学校選びをすることもできますし、そもそも講師の質に対して競争が発生するので、こうしたWEBデザインスクールのレベルは高くなるのは当然です。

またカリキュラムはマーケティングに適するWEBサイトづくりに特化しますので、趣味の領域とはそもそも隔絶しています。WEBデザインが趣味ではなくて商売である以上は、それはあたりまえのことでしょう。もともとインターネットというのは、アカデミックな論文を講評するために考案されたインフラです。いわゆる趣味の情報発信とは異なるのですから、そうした発信という行為の中身がごちゃ混ぜになるのは好ましくありません。

したがって合目的なWEBサイトづくりをしないと、その他大勢にカテゴライズされてしまい、発信すべき内容が相手に伝わらずに終わります。そう考えるとやはり、最初から正しく学んでいく必要があり、相対的にも講師の質やカリキュラムが充実している首都圏の、特に東京でWEBデザインを学ぶ重要性が増していくのです。そしてWEBデザインスクールが「売れる仕組みづくり」としてのWEBサイトをテーマに教育するのであれば、初心者は特にこうした環境で学ぶ必要があるのではないでしょうか。

 

こうした議論によって、ITとしてのWEBサイトの重要性が理解できたはずです。そして初心者であればあるほど、情報が集中する東京で、数多い選択肢の中から自分自身の方向生と合致する学びの場を選択することができるのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧