仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

WEBデザインスクールで就職支援は受けられる?

公開日:2021/07/01  最終更新日:2021/05/28


WEBデザインスクールでWEBデザインを勉強し、授業料を支払ったのだから、就職・転職活動につなげたいと考える人が多いのではないでしょうか。そのように考えている人に向けて、WEBデザインスクールでは就職活動の支援まで行っていることが多いようです。この記事では、WEBデザインスクールで受けられる就業支援について解説していきます。

就職支援をしているスクールがおすすめ

WEBデザイナーとして転職をしたいと思っている人にとって、WEBデザインスクールに通うことは必須ともいえるでしょう。必要なスキルを絞って学ぶことができたり、仲間のつながりができて切磋琢磨できたり、よりよい環境下で勉強を進めることができるからです。

さらに就職支援を受けられるということは、転職前提でWEBデザインを学ぶ人にとって非常に重要な観点だといえるでしょう。就業支援が受けられるスクールを選ぶことによるメリットは、以下の3点が代表的とされています。

就職後に使うスキルを中心に学べる

スクールに通うと、プロのデザイナー講師から実務で必要なスキルを学ぶことができます。独学で学ぶ場合、テキストで情報を得ることはできますが、実務でその技術がどれだけ使われるのか、うまくいかない場合の代替策はあるのかを知ることは難しいでしょう。

内定を取れる確率が高くなる

WEBデザインスクール経由で応募すると、一般的な転職サイトを利用するよりも内定を取りやすいようです。なぜなら、WEBデザインスクールと提携している企業は「スクール卒業生=未経験者」を採用することを前提としています。しかし、一般の転職サイトでは「経験者募集」であることも多いでしょう。その上、「未経験者が応募可能な案件」に経験者も応募できるのです。1つの案件に未経験者と経験者からの応募があれば、経験者の方が採用される可能性は高まってしまうでしょう。

ポートフォリオの支援を受けられる

Webデザイナー就職・転職する上で必要な「Webサイトなどのオリジナル制作」「ポートフォリオ制作」の支援を受けられます。ポートフォリオとは、現在の自身のスキルレベルを示すための作品集であるため、適当なものでは意味がありません。スクールによっては講座内でサポートを受けながら作った作品を、そのままポートフォリオとして提出できる場合もあります。

就職支援があるWEBデザインスクールの選び方

次に、就職支援があるWEBデザインスクールの選び方を紹介します。

卒業生の進路を確かめる

一番重要なのが「卒業生の就職先・転職先」です。「自社サービスを持つ事業会社のデザイン部署」なのか「Web制作を専門に行っている会社」なのか、それともフリーランスのデザイナーになったのかなどはあらかじめ見るとよいでしょう。どのような企業に強いかはWEBデザインスクールによって違ってくるため、自身の望む働き方に合わせて選んでください。

就職支援専門のアドバイザーが在籍しているか

就職支援体制が手厚く揃っていることも重要な観点です。専属のキャリアサポーターやメンターがいるかどうかを確認しましょう。専属キャリアサポーターとは、転職活動のサポートを仕事にする専門家です。専門的な視点から物事を判断し、個人に対して適切な就職サポートをしてくれます。また専属サポーターに加えて、メンターなど、学習面の進捗を管理してくれるサポート体制が整っているスクールもあるようです。

WEBデザインスクールの質を確かめる

そのスクール、またはコース・講座で、必要なスキルを充分に学べるかも忘れずに確認してください。具体的には、以下の内容を学べるとWEBサイトを作る際の設計〜デザイン〜表示の適正化をすべて行うことができます。

・各種言語(HTML、CSS、jQuery)
・Adobeツール(Photoshop、illustrator)
・レスポンシブデザイン
・ワイヤーフレーム制作

スクールによっては、Photoshopとillustratorは別の講座として準備されていることもあるため注意してください。

コストパフォーマンスのよさ

最後に、受けられるサービスが金額に対して見合っているかどうかを確認しましょう。就業支援を受ける以前に、必要なスキルを学べる環境が整っていることが重要です。スクールが自分に合っていなければ、修業支援を受けるまでに挫折してしまう可能性もあるでしょう。すでに紹介したもの以外に、確認すべきポイントを紹介します。

・受講方法(一方的に講座の動画を見るだけなのか、1対1の個別指導方式なのか)
・受講頻度(予約制度を用いていることもある。予約は取りやすいか)
・課題の有無(座学で学んだことをもとに実践的な作業ができるか)

 

WEBデザインスクールで受けられる就業支援について解説しました。紹介してきたとおり、WEBデザインスクールによっても受けられるサービスは異なります。費用ばかりに気が向いてしまうかもしれませんが、仕事につなげられなくては意味がありません。費用の相場を知った上で、自分にあったスクール選びができるよう、この記事をもとに複数のスクールを比較してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧