仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

UI・UXデザインの意味を知ってる?違いやデザインのポイントを紹介

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/10/14


商品やサービスを開発する際に重要なものに、UI・UXデザインがあります。UIとUXは似た言葉であるため、同じようなニュアンスとして使われることが多いです。しかし、UIとUXでは意味が異なるため、違いを理解しなければなりません。そこで今回は、UI・UXデザインの意味や違い、UI・UXデザインのポイントを紹介します。

UIとUXとは

UIとUXは言葉が似ていますが、それぞれどのような意味があるのでしょうか。ここでは、UIとUXについて紹介します。

UIとは

UIとはユーザーインターフェースの略称で、利用者と商品やサービスをつなぐ接点のことです。ユーザーとは商品やサービスを利用する人を指し、インターフェースには接点などの意味があります。たとえばWEBサイトであれば、画面に表示されたレイアウト、配色、フォントの大きさ、ボタンの配置などすべての情報がUIにあたり、それらをデザインしたものがUIデザインです。商品であれば、その商品の外観を指すため、UIは見た目という意味だと思いがちですが、あくまでも利用者と商品やサービスをつなぐ接点であると理解しましょう。

UXとは

UXとはユーザーエクスペリエンスの略称で、利用者が商品やサービスを利用して得られた感覚や経験のことです。エクスペリエンスには経験や体験という意味があります。商品やサービスを利用して、デザインがかっこいい、操作しやすいなどだけでなく、使い勝手が悪い、分かりにくくてストレスを感じるなど、よいことも悪いことも得られた感覚や経験はすべてUXとなります。また、商品やサービスを通じて利用者が得られるすべての感覚や経験を設計したものがUXデザインです。

UIとUXの違い

UIとUXはよく混同してとらえられることが多いですが、前項で紹介したようにそれぞれ異なる意味を持つ言葉です。UIとUXの関係性は、利用者との接点であるUIを通じて得られた経験がUXとなります。そのため、UIとUXの言葉の意味は違いますが、UIはUXの一部と考えてよいでしょう。たとえば、WEBサイトで会員登録しようとした場合に、操作しやすいようにデザインされたものがUIで、操作しやすいためストレスなく会員登録できたという経験がUXです。

このようにUIはUXを設計するひとつの要素といえますが、質の高いUIをデザインしても質の高いUXがデザインできるとは限りません。見た目がかっこよく使いやすいデザインでも、コンテンツの質が悪かったり、得たい情報が入手できなかったりすると利用者はストレスを感じます。優れたUXをデザインするためには、利用者の満足度を上げるようにしなければなりません。

UI・UXデザインのポイント

質の高いUI・UXデザインを実現するためには、どのようにすればよいのでしょうか。ここでは、UI・UXデザインのポイントを紹介します。

利用者を意識した設計

質の高いUI・UXデザインの実現にもっとも重要なポイントは、利用者を意識した設計をすることです。利用者の目線で、操作性の高さや分かりやすさを追求することで、利用者はストレスを感じることがないため、満足度が上がります。UI・UXデザイナーがよくやってしまう失敗が、自分の都合のよいように設計したり、作りやすいデザインにしたりしてしまうことです。

UI・UXデザイナー自身にとっては、分かりやすく使いやすい設計かもしれませんが、利用者からすると「機能は多いが使いづらい」「デザインはいいが見にくい」など不満に感じることもあるので、注意が必要です。

ターゲットを明確にする

質の高いUI・UXデザインを設計するためには、利用するターゲットを明確にすることも重要です。男性と女性では、好むデザインや配色に違いがあるうえ、若年層と中年層でも求める機能やデザインは異なります。そのほかにも、たとえ同じジャンルであっても、初心者が得たい情報と中・上級者が得たい情報では、内容に違いがあるでしょう。そのため、年齢層や性別、どんな職業やジャンル向けにUI・UXデザインを設計するのか、想定しなければなりません。

類似した商品やサービスとの比較

ライバルとなる類似した商品やサービス、WEBサイトと比較することで、自身が設計したUI・UXデザインのクオリティや改善するべきポイントが見つかるでしょう。どちらがより操作性が高いか、見やすいデザインになっているか、比較することで今まで気づかなかった欠点が浮かび上がるかもしれません。

類似した商品やサービス、WEBサイトより、ハイクオリティなUI・UXデザインにするためには、どうすればよいのか比較して考えることが重要です。比較して考えることで、自身の設計したUI・UXデザインの具体的な改善案が見つかるでしょう。

まとめ

UIとは、ユーザーインターフェースの略称で、利用者と商品やサービスをつなぐ接点のことです。UXとは、ユーザーエクスペリエンスの略称で、利用者が商品やサービスを利用して得られた感覚や経験のことです。UIとUXの関係性は、利用者との接点であるUI通じて得られた経験がUXとなります。そのため、UIはUXの一部と考えてよいでしょう。UI・UXデザインのポイントは、利用者を意識した設計、ターゲットを明確にする、類似した商品やサービスと比較することです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧