仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

WEBデザイナーになるのは大変?難易度は高い!?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/28

WEBをデザインすることに興味があり、それを仕事にできたら幸せだと考える方もいるかもしれません。しかし、WEBデザイナーになるための方法が分からずに、難易度が高いのではないかと思い、諦めている方もいるでしょう。こちらでは、WEBデザイナーになるための難易度について紹介します。

WEBデザイナーになるだけならばとても簡単

デザイナーにはいろいろな種類がありますが、ほとんどのものはなるための資格は存在していません。それと同じようにWEBデザイナーにも資格は必要ないので、なるだけならば簡単だといえるでしょう。なぜならば、『今日からWEB関連のデザイナーになる』と決めて、インターネットで仕事を募集すれば、その時点でフリーランスのWEBデザイナーだといえるからです。

すでにたくさんのWEBを作成していて、それらが素晴らしい仕上がりならば、いろいろな仕事が舞い込んでくる可能性もあります。ただし、まったくの素人が自ら名乗ったとしても、仕事をもらえる可能性は限りなく低いので職業として成り立たせるのは大変だといえます。

フリーランスとして働くのが駄目ならば、どこかの会社に所属して、実践で勉強をしながらWEBデザイナーになりたいと考える方もいるでしょう。しかし、現在では即戦力を求めている会社が多いため、勉強が必要な方が雇ってもらうのは難易度が高いかもしれません。

そのため、もしも知識や技術がまったくない状態で目指すのなら、それらを勉強できるWEBデザインスクールを活用したほうがよいでしょう。WEBデザインスクールならば、何も分からない方に向けたレッスンをしてくれるので、卒業する頃には立派なWEBデザイナーになれます。

WEBデザインスクールを活用する方法

WEBデザインスクールを利用したいのなら、まずはどのくらい通いたいのか決めるようにしましょう。半年程度で終わるところもあれば、2年間通い続けなければいけないところもあります。

ただし、短ければ短いほどよいと考えるかもしれませんが、教えてもらえる内容が異なるので注意しなければいけません。中にはある程度の知識があることを前提にしたカリキュラムが提供されているところもあるため、概要を調べたうえで確実にWEBデザイナーになれそうなところを選びましょう。すでに知識があるのなら、CSSやHTMLなど的を絞ったカリキュラムを提供してくれるところで学びたいことだけを学ぶのもよいでしょう。

そして、WEBデザインは実店舗だけで学べるのではなく、インターネットでも学べる環境が揃っています。いわゆるオンラインスクールというものがあるので、実店舗を訪れるのが難しい環境にあるなら利用を考えましょう。動画を用意してくれているオンラインスクールならば、レッスンを受ける時間が決まっていないため、仕事のあとの深夜に勉強をすることだって可能です。

ちなみに、実店舗でもオンラインスクールでも、パソコンの基本的な操作は分かっていることを前提にしてレッスンがおこなわれています。そのため、マウスやキーボードの使い方が分からないのなら、習い始めるまえに習得をしておくことをおすすめします。

文字を打つのも仕事となるため、いわゆるタッチタイプというキーボードを見ずに入力できる方法もマスターしておきましょう。タッチタイプを覚えるためのソフトウェアが安い価格で販売されているので、独学でのマスターが難しいなら購入したほうがよいです。

WEBデザイナーになるための難易度を下げる方法

WEBデザインスクールで一生懸命勉強して、カリキュラムを完璧に修了したとしても、働き先がなければ仕事として成立はしません。もしも、フリーランスではなく会社に在籍するWEBデザイナーになりたいのなら、就職サポートがあるところを利用しましょう。

就職サポートが充実しているWEBデザインスクールがあるので、そちらなら終活がうまくいく可能性がとても高くなります。したがって、WEBデザイナーになれる可能性も上がるため、用意されているところを見つけだして是非とも活用しましょう。

就職率を公表しているところなら、卒業生のうちどのくらいの人数が、『WEBのデザインを仕事にする』という夢を叶えられたのかハッキリと分かります。

 

WEBデザイナーには資格もいらず、独学でもなることが可能なので、なるだけならば難易度は大変だとはいえないでしょう。しかし、仕事として成立させたいのなら、独学では大変な苦労が必要になるといっても過言ではありません。

現在では、WEBデザインスクールが開設されているので、そちらに通って技術や知識を学ぶことをおすすめします。各会社にコネを持っている就職サポートが用意されているのなら、働き先を探すのも容易になるため、卒業後は立派なWEBデザイナーになることができるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧