仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

UI・UXデザインとは?必要とされる理由や学ぶメリットを解説!

公開日:2022/11/01  最終更新日:2022/10/14


WEBサイトには、UI・UXデザインが必要とされていますが、UI・UXデザインとはどのようなものなのでしょうか。UIとUXは言葉として似ているため、同じように使われることもありますが、実際にはそれぞれ違う意味がある言葉です。そこで今回は、UI・UXデザインとは何か、必要とされる理由や学ぶメリットを解説します。

UI・UXデザインとは

UIデザインとUXデザインではどんな違いがあるのでしょうか。ここでは、UI・UXデザインとは何かを解説します。

UIデザインとは

UIとは、ユーザーインターフェースの略称で、利用者と商品やサービスをつなぐ接点のことです。ここでのユーザーとは利用者のことで、インターフェースには接点などの意味があります。WEBサイトを閲覧したときに、画面に表示される情報は、利用者とサービスをつなぐ接点となるのでUIとなり、UIデザインとはWEBサイトのデザインのことです。たとえば、WEBサイトのレイアウトや配色、フォントなどすべての情報がUIデザインになります。

UXデザインとは

UXとは、ユーザーエクスペリエンスの略称で、利用者が商品やサービスを利用したときに受ける感覚や経験のことです。エクスペリエンスには経験や体験という意味があります。WEBサイトを閲覧して、見やすい、見にくい、分かりやすい、分かりにくいといった感覚や経験はすべてUXで、感覚や経験を得たデザインがUXデザインです。

UI/UXデザイナーが必要とされる理由

近年ではIoTの普及により、さまざまなものをインターネットに接続できるようになったため、ユーザーが分かりやすく操作できるような設計をするUI/UXデザイナーが必要とされています。ここでは、必要とされるUI/UXデザイナーの仕事を解説します。

UIデザイナーの仕事

UIデザイナーは、利用者が操作しやすく見やすいように、機械やソフトウェア、WEBサイトなどのデザインをすることが仕事です。たとえば、WEBサイトを訪れた利用者が、知りたい情報を得る、商品を購入するなどの目的を直感的に達成できるように、レイアウトや配色、ボタンの位置などをデザインします。

UXデザイナーの仕事

UXデザイナーは、利用者が商品やサービスを利用したときの体験をデザインすることが仕事です。UXをデザインするためには、マーケティング調査やリサーチ、サイト解析などをして、利用者によりよい体験をしてもらうことを目指します。たとえば、WEBサイトを訪れた利用者が「このサイトを閲覧して正解だった」と思わせることが必要となるため、ユーザー心理に精通していることも重要です。

UI・UXデザインを学ぶメリット

UI・UXデザインを学ぶとどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、UI・UXデザインを学ぶメリットを紹介します。

企業情報を伝えやすくなる

UI・UXデザインを学んだ企業などがWEBサイトを制作すると、利用者に対して企業情報を正確に伝えやすくなります。使いやすく見やすいWEBサイトは、企業からの情報を多く得やすいため正確に伝わり、利用者の購買意欲が掻き立てられるでしょう。

また、人材を募集している場合は、自社の魅力が応募を検討している利用者に伝わりやすいため、優秀な人材の確保にもつながります。UI・UXデザインを学ぶことは、利用者だけでなく企業側にもメリットがあり、社員のモチベーションが上がることになるでしょう。

利用者の満足度が上がる

UI/UXデザインを学ぶと、利用者の満足度をあげることができます。その理由として、WEBサイトが見やすく分かりやすいと、利用者は直感的に操作できるのでストレスを感じないからです。たとえば、得たい情報を検索して訪問したWEBサイトが、見にくかったり、分かりにくかったりすると、利用者はストレスを感じて別のサイトから情報を得ようとするでしょう。しかし、UI/UXデザインを学びユーザー心理を読んでWEBサイトを制作すると、利用者はストレスを感じることなく得たい情報を入手できるので、満足度が上がります。

就活で有利になる

WEB業界などでは、UI/UXデザイナーの需要が高まっています。そのため、UI/UXデザインを学んで知識や技能を身につけておくと就活で有利になり、即戦力として採用される可能性があるでしょう。しかし、UI/UXデザインは専門的な知識やスキルを習得しなければならないため、独学でUI/UXデザインを身につけることは、少し難しいかもしれません。何か疑問点があっても解決できない場合は、そこで勉強がストップして進まないうえ、やる気も起きなくなるでしょう。

そうならないためには、スクールに通うという方法もあります。スクールでは、疑問点があれば講師に質問してすぐに解決することが可能です。また、WEB上の設計だけでなく、すべてのプロダクトで通用する知識とスキルを習得できます。即戦力の人材として活躍するために、東京ストリート学舎で学んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

UIとは、ユーザーインターフェースの略称で、利用者と商品やサービスをつなぐ接点のことです。UXとは、ユーザーエクスペリエンスの略称で、利用者が商品やサービスを利用したときに受ける感覚や経験のことです。UI/UXデザイナーは、IoTの普及により、さまざまなものをインターネットに接続できるようになったため、ユーザーが分かりやすく操作できるような設計をするUI/UXデザイナーが必要とされています。UI・UXデザインを学ぶメリットは、企業情報を伝えやすくなる、利用者の満足度が上がる、就活で有利になることです。即戦力として活躍するために東京ストリート学舎で学んでみませんか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧