仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

WEBデザイナーの将来性とは?ニーズの高い人材であり続ける方法とは

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/05/19

近年ではwebデザイナーの人口増加に伴い、将来性が不安といったネガティブな情報が多くあります。今回はwebデザイナーの将来性が不安な理由とwebデザイナーとしてニーズの高い人材であり続ける方法についてまとめました。今後どんなwebデザイナーが求められているかについても解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

WEBデザイナーの現状

webデザイナーはユーザーに表示されるコンテンツのデザイン作成を専門的に扱う人を指します。webサイトの見た目の美しさや使いやすさはサイトの利便性を大きく左右するため、webデザイナーの仕事内容はとても重要です。

しかし、近年ではwebサイト制作ツールやAIの普及に伴い、webデザイナーに求められるスキルが変化しています。特にweb制作ツールが普及したことに伴い、個人でも簡単にwebサイトを制作できるようになりました。

WiXなどのwebサイト制作ツールを用いると、用意されているデザインから自分が選択し、簡単にwebサイトを構築することができます。次の項目でより具体的にwebデザイナーの将来性が不安な理由について言及します。

WEBデザイナーの将来性が不安な理由

webデザイナーの将来性が不安な理由は大きく3つ考えられます。

webデザイナーは人気の職業であり、競争相手が多い

webデザイナーは成り手が多い、人気の職業とされています。近年、webデザインについてインターネット上で数多くの学習教材が公開されており、誰でもwebデザインについて学ぶことが出来るようになりました。スキル習得のハードルが格段に下がったことで、今後も競争が激化することが予想されます。

web制作は薄利多売のビジネスモデルである

webサイトを制作する際、案件を発注するクライアントは高品質なwebサイトを少しでも安く依頼できるようデザイナーを探しています。webデザイナーはweb制作会社に就職し案件に携わることが主流ですが、それほど大規模なサイト構築ではない場合、個人で仕事を受注することも可能です。

クライアントは個人に発注することで、比較的安価でサイトを構築することが可能となります。競争が激しく、受注する側も価格が高いと仕事を受注できないので、薄利多売りのビジネスモデルに拍車がかかっています。

制作ツールで簡単にwebサイトの構築ができる

近年では、webサイトを制作するツールが充実しており、サイト制作がとても容易になりました。ホームページをコーディングなしで作成するツールも登場しており、サイト構築において専門性が求められなくなっています

webサイト制作ツールでは優れたデザインを選択し、組み合わせることで容易にwebサイトを作成することができます。webサイト制作を個人で作成することが可能となったことで、web制作会社やフリーランスに外注する必要性が徐々に無くなってきています。

ニーズの高い人材としてあり続ける方法

web業界は技術の進歩が著しい業界であり、Webデザイナーとして求められるスキルも日々変化しています。ニーズの高い人材としてあり続けるために、今後どのようなwebデザイナーが求められるかについて解説します。

デザイン制作だけではなく、フロントエンド開発のコーディングが可能である

webデザイナーのメインの仕事はwebサイトのデザイン制作です。デザイン作成ツールを用いて、作成したデザインを基に、パーツを分け、コードに落とし込んでいきます。

webデザインに関連する技術として、HTMLやCSS、Javascriptのコーディングがあります。コーディングスキルは必須ではありませんが、デザインカンプの作成や打ち合わせ参加時に、プログラマーの立場に立って考えることができます。サイト制作に一貫して携わる事もできるためコーディングが出来るwebデザイナーは重宝されます。

周囲と円滑にコミュニケーションを図ることができる

webデザイナーの仕事は、クライアントとwebディレクターの打ち合わせに参加し、制作日程や制作物の確認を行うことから始まります。制作物の確認を行った後も、自分が作成するデザイン案と要望に相違が無いか、webディレクターに適宜確認をします。

このようにwebデザイナーは周囲と積極的にコミュニケーションを図る機会が多々あります。プロジェクトメンバーを巻き込んで仕事を進めることができるwebディレクターは今後も重宝されます。

 

今回はwebデザイナーの将来性とニーズが高い人材としてあり続ける方法についてまとめました。web業界は技術の進歩が著しく、新しい技術を積極的に取り入れていく必要があります。高度なデザインスキルと併せてプラスαのスキルを身に付け、webデザイナーとしての差別化を図ることで、10年先も活躍できるwebデザイナーを目指しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧