仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

東京のWEBデザインスクールに通いながらコンテストに出品するメリット

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/30


東京のWEBデザインスクールに通うことは、WEBデザイナーを目指すうえでメリットも多くお薦めです。多くのスクールが競合している東京は教育レベルも高いため、実力も上がりやすいでしょう。とはいえ、ただスクールに通っているだけで実力がつくわけではないため、コンテストに出品して実力を高めていきましょう。

コンテストに出品すると実力がつく

東京のWEBデザインスクールに通っているならば、一度はコンテストに参加してみましょう。参加することで、自分のレベルを知ることもできますし、センスや技術を磨くきっかけにもなり、実践力を高めたい場合にもうってつけです。スクールで知識を身に付けることも大事ですが、他の参加者と競うことになるため、自然とデザイン力も向上します。

コンテストがよい目標になるということです。東京のWEBデザインスクールは2年制が多く、長期間通っているとどうしても途中で怠けてしまったり、身が入らなくなってしまうこともあります。定期的にイベントに参加するとよい刺激にもなりますし、自分の実力が上がっていることを確認できるよい機会にもなります。夏休み中に開催されている学生向けのコンテストなどもありますから、定期的にトライして実力を試してみるとよいでしょう。

また、就職が有利になるようなメリットもあります。出品した作品が入賞した場合には、それだけで就職試験に有利になりることはいうまでもありませんが、そもそもイベントの主催者が有名企業であることも多く、入賞などで実力を認められればスカウトされることもあります。

企業に自分の実力をアピールできる絶好の機会ですから、WEBデザイナーとして就職を有利に進めたい場合にも受けておくとよいでしょう。入賞できなかったとしても、積極的にコンテストに出品しているという実績と努力している姿勢は伝えられますし、時間を有意義に過ごしていることの裏付けにもなります。

コンテストは仲間作りやモチベーションアップにも最適

コンテストはWEBデザイナーの仲間を作るのにも最適な機会といえます。東京のイベントであれば東京都内のさまざまなWEBデザインスクールから人が集まりますので、他のスクールの生徒と仲よくなり、人脈作りにも役立ちます。普段の生活では出会えない同じ目標をもつ友人ができ、さらにWEBデザインスクールで学ぶのが楽しくなることもあるでしょう。

イベントによっては賞金等が出ることもあり、モチベーションのアップにつながります。賞金ではなく、WEBデザインで使用するPaintShopなどのソフトウェアライセンスがもらえるような場合もあります。画材道具が参加者全員に配布されるといったこともあり、特典を楽しみに参加してももちろん問題ありません。

このように、ときには楽しみながらモチベーションアップのために参加するのもおすすめですが、自分のスキルやセンスを他の人と比べたい場合にも、イベントの参加や出品は積極的に活用していきたいものです。スクールだけで学んでいると「井の中の蛙」になってしまい、自分の力量がわからないこともあります。

しかし、コンテストなどに参加して他の人と競うことで、自分のレベルや足りない部分についても認識でき、これも参加するメリットのひとつといえます。 このようにコンテストに出品することで得られるメリットはたくさんありますが、インターネットから申し込みでき、参加費もほとんどかからないことが多いので参加しておくとよいでしょう。最初から入賞を目標にして挑まずに、気楽に参加できるようなイベントもありますので、一度体験学習として参加しておいて損はありません。

就職を見据えてコンテストに参加すること

コンテストで入賞を目指すなら、技術やセンスだけでなくコツもあります。WEBデザインにもトレンドがあり、上手くとりいれることも重要なポイントです。IT業界は常にスピード感を求められ、数ヶ月前にスクールで習った内容もアップデートされていることもありますので、参加前にWEBデザイナーの記事や作品を見るなど、最新の動向を理解しておかなければいけません。

このように、イベントに参加することで多くのことを学びながら、他のことにも挑戦してみましょう。WEBデザインスクールは長いようで、やりたい事に挑戦しているとあっという間に過ぎてしまいます。イベントも定期的に参加しながら時間を有効に使いましょう。

たとえば、自分の作品をウェブデザインサイトで販売してみるのもよいでしょう。実際に自分で仕事を請けてみて、実践の場を経験してみるのもよいです。単発の仕事や簡単なデザインの仕事は意外と多いので、副業サイトやリモートワークのサイトなどで案件をチェックしてみるのも参考になります。

また、学習を進めながらどのようなWEBデザイナーになりたいか考えておくことも大事です。WEBデザイナーにもさまざまな働き方や活躍の場があり、企業務めの専属デザイナーもいれば、フリーランスとして活動する人、なかには映像関係の会社に務めるといった人もいます。

スクールに通って2年目になる前には、どのような進路があり、どこで活躍したいかということをじっくりと考えておくと、学びながら挑戦しておくべきことも明確になり、今後の就職活動にも有利に進められます。コンテストも自分に合うものを選んで参加でき、気合いも入ることでしょう。

 

WEBデザインスクールで学んでいる間には、積極的にコンテストに出品し、自分の力量を試したり他の参加者から学ぶことをおすすめします。参加しやすいイベントが多く、WEBデザイナーの仲間を作る場としても最適ですので、まずは出品して自分の作品を見てもらうとよいでしょう。他にも在学中にしておきたいことはたくさんありますので、スケジュールを立てて効率的に学びましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧