仕事終わりや授業終わりなど、学生から社会人までが通いやすいWEBデザインスクールを厳選してご紹介

HAL東京の画像1

おすすめポイント個性を磨ける独自のカリキュラムが魅力

HAL東京は、新宿駅西口から徒歩3分の場所にあるゲーム・アニメ・ミュージック・ITなど幅広い分野のプロを育成している専門学校です。

「学ぶ」ことを多方向から分析して実績と融合させることで生まれた独自の教育システムにより、技術習得だけでなく創造力や応用力、業界適応力を身に着けることが可能です。

専門学校ではありますが、WEBデザイナーを目指す社会人でも通えるように夜間コースが用意されています。

学校名 HAL東京
設置認可年月日 平成20年12月19日
校長名 鶴保 征城
所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-7-3
電話:03-3344-1010

初心者からプロにする、独自の教育システム

HAL東京の画像2
HAL東京では、専門学校とは職業に関して実践的な教育機関であると定義し、特に社会人として必要な気質やプロ意識といったものを高める場所として教育を行っています。
そして、文部科学大臣が認定する「職業実践専門課程」をHAL東京はIT・デジタルコンテンツ分野の専門学校として受けています。

個性を伸ばすことを重視したカリキュラム

クリエイターやエンジニアに必要なセンスや創造力をレッスンによって開発するために、業界と直結したカリキュラムやHAL東京独自に行われている「創造性開発」や「思考技術」といった科目によって養成していきます。

また、プロジェクト・チーム方式というグループ学習で協調性やコミュニケーション力をつけることができます。これはどちらかというと就活前の学生向けかもしれませんが、社会人でも改めて身に着けたほうが良いスキルかもしれません。

独自開発・導入された「S.S.D.評価システム」

HAL東京が独自に開発したこのシステムは、「Scoring of Self-Development=自己発展の記録」という意味を持っています。学生の作品や課題などから「特性」を評価、日常生活の観察から「長所」を評価することで新しい個性を発見し、育成するシステムです。個性を学校の評価にするというのは、とても面白い試みですね。

アントレプレナー(起業家)制度

卒業後に、起業したいと考える生徒向けに普通学校では学べないような税金や会計の知識を学ぶことができます。専門家による実践的なアドバイスも聞けるようなので、フリーのWEBデザイナーを目指している人にとってはうってつけの制度ではないでしょうか。

社会人のためのWEBデザイン夜間コース

HAL東京の画像3
HAL東京は専門学校であり、メインは平日昼間のコースが中心ですが仕事をしながら資格や転職のために勉強したい人のために「夜間コース」を設けています。

2年制のWEBデザイン学科/夜間コース

このWEBデザイン学科では、デザイン力と技術力を磨くことによってその2つを併せ持った時代のニーズに対応できるWEBデザイナーを養成しています。
授業時間は夜の19時から21時15分となっており、受講日も月、水、金の3日間なので勤め先次第では都合も付けやすそうですね。

2年間でWEBデザインのプロを目指すためのカリキュラムにより、WEBやデザインの基礎からサイトを構築するための技術までを習得していきます。
また、企画・デザインだけでなく、マルチデバイスに対応したサイト構築技術も身に着けることができるので、様々なシーンで活躍できるWEBデザイナーになれる可能性が膨らむでしょう。
ちなみに卒業後にはWEBデザイナーの他、WEBプランナーやコンテンツデザイナーなども目指すことができます。

WEBデザイン学科/夜間コース受講に必要な学費

HAL東京のWEBデザイン学科/夜間コースを受講するには、1年間で下記の学費が必要になります。

入学金:50,000円
授業料:320,000円
教育充実費:40,000円
施設・設備・維持費:50,000円
年間合計:410,000円

また、上記のほかに教材費(テキストやプリント等)が18,500円~28,500円(学科により異なる)必要です。さらに、2年目の学費は1年目+50,000円~75,000円、卒業時にはアルバム代18,500円がかかります。

上記をざっと計算してみると、大体2年間のトータルで1,000,000円くらい学費が必要となりますね。安くはない値段ではあると思いますが、WEBの昼間コースはおよそ3,000,000円近く必要なので比べてみればずいぶん良心的なのではないでしょうか。

HALだからできる様々なカリキュラム

HAL東京の画像4

スペシャルゼミ

業界でもトップを走る、各業界のスペシャリストを指導者に迎え直接的に学ぶことができます。普段の授業だけでは身に着けることが難しいノウハウを習得できるでしょう。
IT学部では日本マイクロソフト株式会社やヤフー株式会社、株式会社サイバーエージェントなどの偉い人を招いてゼミを開催しているようです。

産学直結ケーススタディ

企業やクリエイターといったプロと連携し、実践的なプロジェクトを経験することができます。企画立案から実際の制作を手掛けることにより実践力を身に着けていくことができるでしょう。

海外との教育ネットワーク

HALでは、グループとして40年以上築いてきた海外とのネットワークがあり、パリやアメリカのトップクリエイターとのリンクを活かして学べる環境があります。
例えば、世界的なパリのデザイナーから直接指導を受けたり、卒業旅行としてアメリカへ行った際にはスタジオ訪問やトップデザイナーによる研修を体験できたりするようです。

HAL東京の画像1

HAL東京

個性を磨ける独自のカリキュラムが魅力

公式サイトで詳細を見る

体験入学・オープンキャンパスに行ってみよう

HAL東京についてご紹介しましたが、個人的にはWEBデザイナーとして個性を伸ばせる貴重な体験のできる学校だと思いました。
ただ、少し気になったのは2年間と長い期間が必要な点。一刻も早く技術を身に着けたい、転職したいという社会人の方には向いてないと感じました。また、専門学校という性質上仕方ないのですが、周りに高校卒業生が多くなると思うので自分とのモチベーションの差は気になるかもしれません。

それでも、もしあなたが学生だったり、お金や時間をかけてでも様々な方向からWEBデザインを学びたいと感じたなら、HAL東京はおすすめできる学校のひとつだと思います。
公式サイトには体験入学やオープンキャンパスの情報も掲載されているので、ぜひ確認して足を運んでみてはいかがでしょうか。

HAL東京を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

未経験職種への転換に役立ちました

IT企業に勤めていますがWEBデザイナーに職種転換したいと考え、仕事しながら夜間通っていました。多少の予備知識はあったのですが、WEBサイト設計について、改めてきちんと基礎から学ぶことができ、プロとして業務を行うための自信につながりました。学びを仕事に活かすという点では、本人の意識次第と言えます。将来手がけたい案件を具体的にイメージしながら、学習の目標を立てると身につきやすいと思います。夜間コースは全体的な学習時間が少ないので、自主的にそれを補う必要がありますが、昼間コースであれば資格取得などのサポートが手厚いようです。

引用元:https://minhyo.jp

→私や投稿者さんのように、仕事をしながらWebデザイナーへ転職したいと考えている人向けにHAL東京では「Webデザイン学科/夜間コース」が設けられています。

口コミにもあるように、授業時間は夜の19時から21時15分の2時間程度となってますし受講日も月、水、金の3日間のみなのでスクールでの学習時間は短めかもしれません。

しかし、そのぶん業務の都合は付けやすいですし、2年間通えばWebデザインの基礎からサイトを構築するための技術までは習得できるとのことなので安心でしょう。

スキルアップに繋がりました

WEB制作に興味があり、深く学びたいと思い、入学しました。覚えることが多く大変なイメージがありましたが、経験豊富な講師陣のおかげで、苦にならず、楽しく学習を進めていくことができました。WEB制作から実践的なプログラミングやデザインのことなど、知識や技術を身に付けることができました。
資格取得にも力を入れており、就職に有利な資格の取得にも挑戦、合格ができ、これから働く上で大きなメリットとなりました。就職サポートも充実していたため、自信をもって就職活動を行っていくことができました。

引用元:https://minhyo.jp

→HAL東京の魅力は、なんといっても個性を伸ばすことに特化したカリキュラムでしょう。

経験豊富な講師陣による実践的なレッスンだけでなく、各業界のスペシャリストによるスペシャルゼミや、フリーランス志望の受講者向けに税金や会計知識に関してのアドバイスも実施しています。

また、マナー研修や履歴書の添削といったビジネストレーニングや、著名企業にも参加できるインターンシップ制度といった就職サポートにも非常に力を入れています。

サイト内検索
記事一覧

【東京】社会人でも通えるおすすめのWEBデザインスクール

イメージ
会社名東京デザインプレックス研究所 HAL東京デジタルハリウッドインターネットアカデミーヒューマンアカデミー 
特徴本物のデザイン力が身に付く!
フリートレーニング3年無料!
ゼミや体験学習が充実しているWeb業界とのコネクションが強い海外へ就職の可能性も拡がるオンライン講座が便利
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら