社会人でもWebデザイナーを目指せる!
東京のおすすめWEBデザインスクール一覧

Webデザインスクールは、未経験から社会人でもWebデザイナーになるためのスキルを身につけるための手段として人気です。

スクールによってカリキュラムや費用が異なるので、「即戦力となるスキルが身につけられるか」など、自分の目的や予算に合わせて選ぶことが大切です。

ぜひ当サイトの情報を参考に、自分に合ったWebデザインスクールを見つけてください。

イメージ
スクール名東京デザインプレックス研究所HAL東京ヒューマンアカデミーインターネットアカデミー
特徴即戦力の本物のデザイン力が身に付く!
フリートレーニング3年無料
ゼミや体験学習が充実しているオンライン講座が便利海外への就職の可能性も拡がる
Webデザイン
コース
・Webデザインコース
・Web&スマートフォンサイト制作コース
・UX/UI設計コース
・デジタルコミュニケーションデザイン総合コース
・WEBインタラクションデザイン総合コース
・Webデザイン学科(夜間コース)
・Web学科
(昼間コース)
・高度情報学科 Web開発コース
(昼間コース)
・Webデザイナースタンダードコース
・Webデザイナープロフェッショナルコース
・Webデザイナートータルコース
・Webデザイナー入門コース
・Webデザイナーコース
・Webデザイナー総合コース
・Webデザイナー検定コース
・Webデザイナー転身コース
Webデザイン
コースの料金
41万8,000円(税込)~45万1,000円(税込)~
(夜間学科1年次)
35万1,120円(税込)~20万9,000円(税込)~
受講方式完全クラス制クラス制オンデマンド、クラス担任、ブレンドオンデマンド、マンツーマン、ライブ
受講時間昼間部/2.5ヶ月
夜間部/6ヶ月
昼間部/2年制
夜間部/2年制
6ヶ月授業数:44回
※学習目安88~176時間
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

WEBデザイナーになるには独学?それともスクール?

そもそもWEBデザイナーの仕事って何をするの?

WEBデザイナーの仕事とは、企業や個人のクライアントに依頼されてWEBサイトを制作することです。WEBサイトを制作するまでの大まかな流れをご説明します。

まず始めに、クライアントの意向をヒアリングし、大まかな構成やレイアウトを決めます。次に、IllustratorやPhotoshopといったグラフィックソフトを使用し、サイト全体の色合いや装飾などのデザインを作っていきます。そして最後に、HTML、CSS、JavaScriptなどの言語を使用し、コーディングを行います。

様々なスキルが必要となるWEBデザイナーですが、クライアントの要望に沿ったWEBサイトを制作するためには、デザイン能力はもちろん、高いコミュニケーション能力も求められます。

独学のメリット・デメリット

独学の一番のメリットは、コストがかからないという点です。参考書は2,000~3,000円程度で購入できますし、無料のオンライン学習サービスも増えています。

また、自分の都合に合わせて勉強できるというメリットもあります。仕事をしている方や家事・育児などで忙しい方でも、都合のいい時に自宅で勉強することで、時間的な負担が小さくて済みます。

デメリットとしては、習得するまでに時間がかかったり、挫折してしまう可能性が高いという点が挙げられます。勉強していて分からない点があっても誰かに尋ねることができないので、疑問点を解決するだけでも相当な時間がかかってしまうでしょう。

スクールのメリット・デメリット

スクールに通うメリットは以下の2点です。

・効率よく学習できる・挫折しにくくなる

スクールに通う最も大きなメリットは、効率的にスキルを習得できることです。独学の場合、つまずくことがあっても自分で解決しなければなりません。疑問や問題は調べる必要があるため、合格までかなりの時間がかかってしまいます。

その点、スクールにはいつでも講師に質問することができる体制が整っています。講師は実績豊富であるため、WEBデザイナーになるまでの時間が最短で済むのがメリット。短期間で確実に合格したい方は、スクールに通うことをおすすめします。

また、スクールの仲間と切磋琢磨しながら勉強に励めるのもメリットです。スクールに通えば同じ目標のライバルがたくさんいるので、モチベーションも維持しやすくなるでしょう。

一方、スクールのデメリットとしては以下の2点が挙げられます。

・コストがかかる・決められた時間に縛られる

スクールに通うデメリットの一つが、コスト面です。デザインスクールの料金相場は、20~50万円となっています。中には100万円近くかかるスクールもあるため、どこを選ぶかが重要です。ただしスクールによっては、教育訓練給付制度の対象になっているコースもあります。こういった制度を活用することで、コスト面のデメリットはカバー可能です。

また、別のデメリットとしては時間的に縛られることが挙げられます。しかし、その分勉強に集中できる環境や資格取得のカリキュラムなど、Webデザイナーになるためのサポートを受けられます。スクールでは現役講師から直接指導を受けられるので、デメリット以上の技術やノウハウを学べるでしょう。

サマリー

WEB業界は今後も拡大傾向にあり、WEBデザイナーの需要は高まっているのが現状です。とは言え、より幅広いスキルや高いデザイン能力を身につけておくことで、就職後のキャリアアップにも弾みがつくでしょう。そのために独学ではどうしても限界があるので、スクールに通うのが効率的です。

コストの面でスクールに通うことをためらう方も少なくないと思いますが、WEBデザイナーとして手に職をつけたいのであれば、初期投資として決して無駄なお金ではないでしょう。また、上述したように、通うコースによっては給付金がもらえる場合もあります。即戦力として活躍したいのであれば、やはりスクールに通うのがおすすめです。

WEBデザインスクールの選び方

オンライン型か対面型か

WEBデザインスクールには、自宅などにいながらパソコンを通じて学ぶ「オンライン型」と、教室に通って学ぶ「対面型」の2種類があります。

「オンライン型」の一番のメリットとして、インターネット環境さえあればどこでも学習できるという手軽さが挙げられます。自宅やカフェなど好きな場所で学習できるため、ダブルスクールの学生や働きながらスキルを身に付けたい社会人、子育てや介護をしている方など、さまざまな事情でスクールに通うことができない方でも、隙間時間にWEBデザインを学ぶことができるでしょう。

また、地方に住んでいて近くにWEBデザインスクールがないという方でも、都心部と変わらない授業が受けられるというのも魅力です。オンラインであればわざわざ引っ越しをする必要もないので、「対面型」のスクールに通う場合と比べてかなりコストを抑えることができます。

一方「対面型」のメリットとしては、分からないことがあったときにリアルタイムで講師に質問することができたり、一緒に学ぶ学生が周りにいることで切磋琢磨できることなどが挙げられます。

「オンライン型」の場合はどうしても講師とのやり取りにはタイムラグが生まれてしまうため、分からないことをすぐに解決できず、うやむやにしてしまいがちです。また、自宅で孤独に学習しているとモチベーションが下がってしまうケースも少なくありません。ですから、分からないことは自分で調べられる自信がある方や、仲間がいなくてもモチベーションを維持できる自信がある方以外は、「対面型」のスクールを選んだほうが確実にWEBデザインのスキルを習得できると言えるでしょう。

講師の質

WEBデザインスクール選びにおいて重要なポイントのひとつが、講師の質の違いです。せっかくスクールに通うのですから、現役で活躍するプロのWEBデザイナーが講師を務めているスクールがおすすめです。

スクールの中には、職業訓練校を卒業しただけの人や、現役を退いた「元・WEBデザイナー」が講師を務めているという場合もあります。

現場での経験がないような人からは実践的なことは学べませんし、現役で活躍している人でなければ最新のスキルや情報を得られないかもしれません。

講師陣がどんな顔ぶれなのかは、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

実践的なスキルの習得

WEBデザインスクールの中には、基礎的な知識しか学ぶことができない、つまり、より高度で実践的なスキルやデザインを学ぶことができないスクールも少なくないのが実情です。

確かに、基礎的な知識があり、最低限のデザインができればWEBサイトの制作は可能です。逆に言えば、WEBデザイナー間の「差」というのは、スキルの幅広さやデザイン能力にこそ表れるのです。

ですから、他のWEBデザイナーに「差」をつけて活躍したいのであれば、基礎知識の習得に留まらず、より高度で実践的なスキルやデザインを学べるスクールを選ぶことが重要です。

通いやすさ

WEBデザインスクールは、卒業までの数ヶ月~数年間、定期的に通うことになりますから、通いやすいかどうかという点も無視できません。

通いやすさというのは立地はもちろんですが、授業が行われる時間帯や授業形態など多々あります。日中仕事をしている方であれば、夜間コースであったり、授業を休んでしまった場合の振替制度が設けられているスクールを選ぶのがよいでしょう。

せっかく入学しても通い続けられなければ意味がありません。無理をせず、自分が通いやすいと感じるスクールを探してください。

サマリー

ここでは、WEBデザインスクールの選び方として「講師の質」、「実践的なスキルの習得」、「通いやすさ」の3点を挙げましたが、通う期間や授業料なども、スクールによって異なります。

都内にはたくさんのスクールがありますので、1、2校だけで決めるのではなく、なるべく複数のスクールを比較するようにしましょう。

その際は資料請求をしたり、実際に見学に行って担当者から話を聞くなどして、自分に合ったスクールを選んでくださいね。

社会人でもWebデザイナーを目指せる!東京のおすすめWEBデザインスクール一覧

東京デザインプレックス研究所

東京デザインプレックス研究所の画像 引用元:https://www.tokyo-designplex.com/

完全クラス制で現役のプロに教えてもらえる!

東京デザインプレックス研究所は、クオリティの高い授業を受けることができるWebデザインスクールです。多彩なクラス設定がされているので、一人ひとりに適したコースや日程で受講することが可能です。また、今後のWebコンテンツに欠かせない「UI」「UX」に関する学習も行います。今後のデザインは見やすさ・使いやすさが求められるので、このようなコンテンツを学べるのは魅力ですね。


さらに、通常の授業とは別に、プレックスプログラムを2年間無料で受けられるシステムや教室開放してもらえる3年間無料のフリートレーニングシステムも嬉しいポイント。是非詳細をご覧頂き、デザイン力がつく実践的な授業を受けてみてくださいね!

おすすめポイント

  • Point

    完全クラス制&現役プロの指導で即戦力に!デザイン実践スキルが身に付く!

  • Point

    教育訓練給付制度(特定一般)の利用で学費の40%(最大20万円)が支給!

東京デザインプレックス研究所の基本情報

おすすめコースおすすめ
Web&スマートフォンサイト制作コース
Webデザインコース
Webデザイン総合コース
Webマークアップエンジニアコース
Webクリエイティブ総合コース
Webディレクター総合コース
場所 東京都渋谷区神南1-12-10(旧渋谷電力館)
フロア:2階・3階・4階 ※受付2階
受講時間 185時間(74コマ)+α※
夜間部19:15-21:45 / 6ヵ月間(週2-3回)、土or日/ 6ヵ月間(週1-2回)
昼間部10:00-15:45 / 2.5ヵ月間(週3-4回)
就職サポート カウンセリングや面接対策、ポートフォリオ作成支援、セミナーの開催、資格取得支援など充実!
学習内容 HTML・CSSやPhotoshop / Illustrator / Visual Studio Code / Figma 、
Flexbox、WordPress、JavaScript、Ajax(jQuery)など
受講料総額 560,000円(税込616,000円)
※教育訓練給付制度(特定一般)の利用で学費の40%(最大20万円)が支給
受講形式通学
開校時間10:00-22:00
無料体験授業体験セミナーあり
その他※ +α「プレックスプログラム(80プログラム/ 200時間/ 2年間)」を無料で受講可能

東京デザインプレックス研究所 の口コミ

No Title (かおり さん)
デザインスキル向上の為に入学しましたが、授業のレベルがとても高く 想像以上にレベルアップして卒業を迎える事が出来ました。 デザインの仕事をしながら通っていたのですが、授業で習った事をすぐに仕事でアウトプットでき 実践レベルの講義に何度も助けられたのを覚えています。 講師陣も、現場で何十年も活躍されているプロのクリエイター達です。 デザインを一から学びたい方はもちろん、デザインのスキルアップをしたい方にもぜひ通って欲しい学校です。 本気でデザインを学びたい方にオススメです。
引用元:https://www.google.com

Xの口コミ

HAL東京

HAL東京の画像 引用元:https://www.hal.ac.jp/

個性を磨ける独自のカリキュラムが魅力

HAL東京は、独自の教育システムによる個性的なカリキュラムが特徴です。専門学校ではありますが、就活を控える大学生や転職を考える社会人のために夜間コースを設けています


海外のデザイナーや各業界のスペシャリストと強いパイプを要しているので、海外研修やスペシャルゼミなど貴重な体験ができることは非常に魅力的でしょう。

おすすめポイント

  • Point

    個性を活かす独自の教育システム

  • Point

    海外クリエイターとのネットワークが強い

HAL東京の基本情報

おすすめコースおすすめ
Webデザイン学科/夜間コース
WEBデザイナー専攻
WEB開発エンジニア専攻
スマートフォンアプリ開発専攻
場所東京都新宿区西新宿1-7-3
受講時間昼間部/2年制
夜間部/2年制 19:00~21:15
就職サポート就職ガイダンス、ビジネストレーニング、個別就職相談、就職オンラインシステム、インターンシップなど
学習内容HTMLやCSS、JavaScript、jQuery、PHP、Illustrator・ Photoshop・Dreamweaver など
受講料総額昼間部:約320万円(3,149,000円~3,236,000円) 夜間部:約100万円(968,000円~1,002,000円)
受講形式通学
無料体験オープンキャンパスあり

HAL東京の口コミ

未経験職種への転換に役立ちました

IT企業に勤めていますがWEBデザイナーに職種転換したいと考え、仕事しながら夜間通っていました。多少の予備知識はあったのですが、WEBサイト設計について、改めてきちんと基礎から学ぶことができ、プロとして業務を行うための自信につながりました。学びを仕事に活かすという点では、本人の意識次第と言えます。将来手がけたい案件を具体的にイメージしながら、学習の目標を立てると身につきやすいと思います。夜間コースは全体的な学習時間が少ないので、自主的にそれを補う必要がありますが、昼間コースであれば資格取得などのサポートが手厚いようです。

引用元:https://minhyo.jp
No Title

HAL東京の人達作品のクオリティすげー

— 塵♲ (@tiriNull_wowaka) July 9, 2021
体験入学やオープンキャンパスも開催 公式HPはこちら

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーの画像 引用元:https://haa.athuman.com/

カラー講座やオフィス系ソフトの講座も受けられる!

ヒューマンアカデミーは38種類という豊富なコースと、ネット環境さえあれば自宅で受講することもできるオンライン学習に特徴があるスクールです。就職面でのサポートも手厚く、3人の担当者によってポートフォリオの作成方法から面接対策まで一人一人丁寧に対応してもらえますから是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

おすすめポイント

  • Point

    オフィス系ソフトの講座も受けられる

  • Point

    受講コースの種類が豊富

ヒューマンアカデミーの基本情報

おすすめコースおすすめ
Webデザイナー総合コース
WEBデザイナーコース
Web動画クリエイター総合コース
場所東京都新宿区新宿3丁目1−13 京王新宿追分ビル 8F ヒューマンアカデミー新宿校 など
受講時間6ヵ月
就職サポート無料の企業説明会、ヒューマンリソシア登録可能
学習内容Photoshop、Illustrator、HTML / CSS、PremierePro、After Effects、Wordpress、JavaScripなど
受講料総額570,130円税込
受講形式通学 / オンライン
開校時間平日:10:00-21:00 土日祝:10:00-19:00
無料体験無料説明会(オンライン/校舎)
その他教育訓練給付制度あり

ヒューマンアカデミーの口コミ

No Title (●ポン太郎 さん)

趣味でプログラミングについて学習するためにヒューマンアカデミーを利用したのですが、全体的に分かりやすかったので満足しています。オンラインで学習を進めていたのですが、インターネット環境があれば好きな時間に学習できるので、仕事が忙しい中でも学習を進めやすかったです。また期限内であれば繰り返して受講することができたので、一度では理解できなかった時もそのままにしないで済みました。教材の質はとても高くて丁寧で理解しやすかったですし、分からないことがあれば質問や相談もできるのでそこは良かったです。プログラミングにはそこまで詳しくはなくPHPに触れるのは初めてでしたが、そんな私でも最終的にはアプリを作れるようになったので、全体的な質にはとても満足しています。ちょっと料金が高いかなと感じたのでもうちょっと安ければもっと良かったと思いますが、それ以外は大きな不満だと感じるようなことは特に無かったです。

引用元:https://codelearn.jp

Xの口コミ

インターネットアカデミー

インターネットアカデミー 引用元:https://www.internetacademy.jp/

Web業界人が集まる交流会で人脈が広がる!

インターネットアカデミーは制作会社が母体であることを強みにサービス展開しているスクールですね。有名企業の実績も持つ会社ですから、信頼できるのではないでしょうか。


多くの分野を知り尽くした講師陣がいるということにも注目しておきたいところです。また、自分が制作したサイトを現役のデザイナーに添削してもらえるなど就職サポートも充実しています!

おすすめポイント

  • Point

    制作会社の強みを生かしたカリキュラム

  • Point

    さまざまな経歴を持つ講師が揃っている

インターネットアカデミーの基本情報

おすすめコースおすすめ
Webデザイナー総合コース
Webデザイナー入門コース
Webデザイナーコース
Webデザイナー検定コース
Webデザイナー転身コース
就職サポート応募書類の添削・面接対策、求人情報の提供、インターンシップなど
場所東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー5階 など
受講時間学習目安88~176時間
6~8ヶ月
就職サポート10大キャリアサポート
学習内容HTML、CSS、JavaScript、Dreamweaver、 Photoshop、Illustratorなど
受講料総額760,760円税込
受講形式通学 / オンライン
開校時間渋谷校(月火水金) 14:00~18:00
(木) 休校
(土日) 10:00~18:00
無料体験個別カウンセリング

インターネットアカデミーの口コミ

No Title (りったん さん)

目の前の目的としては、転職でしたが、将来的に在宅、フリーランスを目指して通ってました。講師の方々も丁寧に教えてくださいます。気象庁や、サンリオのサイトデザイン、システムまで開発している講師が教えてくれるので、現場の知識も教えて貰えて大満足です。サイト作れるようになって、副業でもWebデザインと、システム構築のお仕事も、マンツーマンでしっかりと納品出来るまで一緒につくれたので、通いながら稼げました。実績も積めたので、転職や、在宅、フリーランス、独立を目指す方にはピッタリなスクールだと思います。

引用元:https://codelearn.jp

Xの口コミ

ここまで、東京都内のおすすめのWEBデザインスクールを5つご紹介しましたが、いかがでしたか?ここからは、WEBデザイナーになるために必要なスキルやWEBデザインスクールの選び方などの情報を掲載していますので、ぜひ、上記と併せてお役立てください。

おすすめのUX/UIスクールはこちら

WEBデザインスクールの費用と相場は?

WEBデザインスクールの費用や相場ですが、これはコースや講座の内容によって異なります。

総合的なカリキュラムで構成されている場合、20万~30万円ほどかかることが想定されるでしょう。

一方で、数回の講座で特定のスキルを習得する場合だと、2万~10万円ほどが相場となります。

一部のスクールは総合的なデザイン教育を提供し、広範囲なスキルを網羅しています。これに比べ、特定のスキルに焦点を当てたスクールは、そのスキルに特化したプログラムを提供することがありますが、教える範囲が広いプログラムは高額になりやすいのは否めません。

ちなみにオンライン講座は、通学型に比べて費用が抑えられることがあります。オンライン講座では教室や施設の維持費がかからず、その分を学生に還元できることが、その要因といえるでしょう。通学型は対面での指導や実習機会が多いため、その価値が費用に反映されるようになっています。

また、有名なデザイナーや業界で実績のあるプロが講師として在籍しているスクールは、その経験を反映して高い費用を設定することがあります。

施設やサービスの充実度も、費用に影響を与えるでしょう。たとえば、実習先が提携していたり、最新のデザインツールが使える環境が整っている学校は、通常高い費用を設定しています。

WEBデザインが学べるオンラインスクール

オンラインと通学タイプのメリット・デメリット

ここからは、WEBデザインスクールのオンラインと通学の違いと、東京のオンラインスクールについてご紹介させていただきます。

オンラインと通学タイプは、家で学ぶか学校に通うかといった違いがまず挙げられますが、それ以外にどのような相違点があるのでしょうか? メリットとデメリットに分けて解説いたします。

オンラインのメリット・デメリット

オンラインのメリットは受講費用が安く、また家などで学習できることから通学する必要もないので、予算を抑えたい方やスキマ時間で勉強をしたい方にとって、最適な条件がそろっていることが挙げられるでしょう。

ただし、デメリットもそれなりにあります。まず、ほかの生徒との交流がないため切磋琢磨するような雰囲気にはならず、モチベーションが持続しにくいというのは否めません。また質問する際、回答に時間がかかってしまうこともあるでしょう。

通学タイプのメリット・デメリット

次に通学タイプのメリットですが、まず、自分とおなじくWEBデザイナー志望の仲間がいる環境に置かれるため、刺激をつねに受けることになり継続しやすくなります。また質問にもその場で答えてもらえるので、すぐに疑問を解決することができるでしょう。

しかし受講費用は高めで、また決まった時間でないと学習できない点はデメリットといえます。こうした点を踏まえると、予算や時間面に余裕がある方であれば通学向きといえるでしょう。

東京のWEBデザインスクール(オンライン)

では続いて、東京にはどんなWEBデザインスクールがあるのか、それぞれご紹介させていただきます。

SHElikes(シーライクス)

シーライクスは、40以上の職種スキルを定額・学び放題で提供している、女性向けキャリアスクールです。その数多くの職種スキルの中で特に人気なのがWEBデザインコースで、未経験者でも2か月ほどでWEBサイト制作の基礎を身に付けることができるでしょう。

たとえばフォトショップによるデザインの方法や、HTML/CSSなどのコーディングについて学べるため、デザインについて学びたい方やWEBデザイナーを目指す方にピッタリなコースとなっています。

このコースで主に身に付くスキルは、広告/SNSや、WEBサイト(WF作成、デザイン、実装、サーバアップまで)の制作となります。これらのスキルを習得すれば、個人でWEBデザインの案件を受けることができるようになり、パソコンひとつで自由な働き方にチャレンジすることもできるでしょう。

このほか、WEBデザイン入門、WEBデザイン演習といったコースも用意されています。

nestsデジタルクリエイティブアカデミー

nestsデジタルクリエイティブアカデミーのWEBデザインコースは、プロだけでなく一般・学生の場合は基礎からも学ぶことが可能です。制作会社の需要やデジタルクリエイティブの進化に対応しているこのスクールでは、業界にとってのエキスパート人材を育成することに貢献してきました。

コースは主に、2種類用意されています。まず、初心者~プロまでが基礎から学ぶWEBデザインスタンダードコースは、制作現場が求める実践スキルを集約したコースで、6か月で未経験者から経験者になれるでしょう。

クライアントのニーズに応えるスキルが学べるWEBデザインアドバンスコースは、相応の実力を身に付けながら、就職転職・独立に役立つ業界のネットワークを形成することができます。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPでは、UX/UIデザインコースにてWEBデザインを教えています。このコースでは情報設計に基づくサイト設計から、オリジナルサイトのプロトタイピングを実践するかたちになるでしょう。

なお講師はメンターという現役エンジニアが担当しており、ひとりひとりの学びに合わせたマンツーマン体制で、即戦力となるまでサポートにあたります。

基本的には週2回のメンタリングや、いつでも質問に応答できるチャットサポートにより、ひとりではモチベーションがもたない方でも短期間でスキルを習得することができるでしょう。

もしプランが合わないと感じたら、最初の8日間であれば無条件で返金に応じています。また学習終了が早まってしまった場合、未利用期間の返金保証も用意しているので、無駄な出費を抑えることができるでしょう。

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジタルハリウッド STUDIO by LIGは、創業時から多数のデザインアワードを獲得してきたWEB制作会社LIGが運営する、WEBデザイナーになるためのスクールで、オンライン+通学タイプで学習方法をカスタマイズできるようになっています。

このスクールでは基礎となるツールの使用方法やコーディングの知識、最新のテクニックやデザイン思考力、そしてWEBマーケティングやディレクションなど、WEB制作会社視点のカリキュラムにより実践的なスキルが身に付くでしょう。ゼロからでも半年程度で、WEBサイト構築ができるようになります。

WEBデザイナー専攻コースでは、いつ・どこでも学習できる動画授業と下根木デザイナー講師による個別指導で、WEBデザインの基礎が習得できるでしょう。またLIVE授業などを通し、WEB制作でも標準的となったテレワークでのコミュニケーション能力も習得できます。

侍エンジニア

侍エンジニアの教養コースでは、WEBサイトの設計~構築までを自身で考え、独自のWEBサイト制作を目指していきます。ゼロから作成することで、実践的なスキルが身に付くでしょう。

現役エンジニアがインストラクターとして、入学~卒業までマンツーマンでレッスンを行うかたちになっており、プログラミングが習得できるほか、作りたいものや夢を実現していきます。またレッスン以外でわからないことがあれば、担当インストラクターに連絡して直接質問することもできるでしょう。

専属のインストラクターだけでなく、ほかにも学習コーチとQAサイトによるトリプルサポートも用意されています。学習コーチは各生徒の現状把握や最短で目標を達成できるよう導き、QAサイトではつまずきやすい問題や質問への回答などでサポートしてくれるでしょう。

東京のWEBデザインスクールは、以上となります。

なお受講費用の相場ですが、受講期間を1~3か月とすると、通学タイプの場合は19万円、オンラインだと17万円ほどになるようです。こうした料金面も判断基準のひとつにはなりますが、大事なのは「自分にとって続けやすいのはどちらか」ということではないでしょうか。

続けにくい方を選んでしまうと、かえって損をしてしまう結果になりかねないので、そうした可能性も加味したうえで選ぶようにしましょう。基本的には通学タイプの方がモチベーションを維持しやすく、飲み込みも早いため、これらのデメリットをクリアできるようなら、なるべく通学することをおすすめします。

このサイトについて

都内でおすすめのWEBデザインスクールを5つご紹介しましたが、気になるスクールは見つかりましたでしょうか?都内にはさまざまなスクールがありますが、それぞれ学べる内容や難易度も異なるため、注意が必要です。

WEBデザイナーのような専門職は、スキルさえ身につけてしまえば未経験からでも充分にキャリアアップが可能です。未経験の人が即戦力として転職できるかどうかは、WEBデザインスクール選びにかかっていると言っても過言ではありません。しっかりと比較検討し、自分の目的に合ったスクールを選んでくださいね。

WEBデザインスクールに通う理由はさまざま

おすすめのWEBデザインスクール、WEBデザインスクールやWEBデザイナーについて紹介してきましたが、実際に皆さんがデザインスクールに通うことを決める理由は一体何なのでしょうか。今回、それについて独自でアンケート調査を行ったので、その結果を紹介します。

結果はまず、「最新のスキルを身に付けたいから」が30%、「WEBデザイナーを目指すため・就職支援があるため」が26%、「短期間でスキルを習得したいから」が20%が上位3つに上がりました。WEBデザインは、独学で学ぶこともできますが、短期間でスキルを習得、就職支援があること、そして最新のスキルを身に付けることは、スクールに通うことでしかできないことでしょう。

WEBデザインスクールでは、数多くのコースを用意しているので、自分が学びたいこと、通える時間帯に合わせてコースを選ぶことが可能です。また、確実にスキルがに身に付くようにサポートしてくれたり、就職相談にもしっかり対応してくれます。

もちろん、このサイトで紹介しているWEBデザインスクールも、数多くのコースを用意しており、サポートが充実。さらに、トップクリエイターによる講師が教えてくれるところもあるので、最新のスキルや情報が学べることは間違いありません。

また上位3つのほかにも、「人脈づくりのため」が10%、「一部デザインソフトなどを学割で購入できるため」が5%という結果も。これもスクールでしか実現できないことですよね。

そして意外と「その他」が9%と多い割合を占めていましたが、その中には老後の趣味で通っている方や、副業のために通っている方もいました。

WEBデザインスクール、決め手は?

WEBデザインスクール、選ぶポイントは?

WEBデザインスクールに通うきっかけは、いろんな理由がありましたね。スクールに通うか悩んでいる方にとっては、ハードルが低くなったかもしれません。

通うことを決めたら、次はスクールを選ぶことになるでしょう。それこそWEBデザインスクールは数多く存在するので、何を基準に選ぶかでまた悩んでしまうのではないでしょうか。

そこでこちらについても、アンケートで調査を行いました。

その結果、「即戦力を身につけられる」ことを決めるポイントとして選ぶ方が多いものとなりました。仕事をしながらスクールに通う方も少なくないですよね。

となるとすぐにスキルが身につけられることが一番というのも納得できる結果です。続いて多かったのが「就職サポートがしっかりしている」ということでした。

中には転職するためにスクールに通う方や、これから社会人になるという方も多くいるでしょう。そんな方たちにとって、就職サポートが充実していることはかなり重要ではないでしょうか。

そして「仕事と両立ができる」、「教師陣の質」と続きました。どんな状態でスクールに通うかによっても選ぶポイントは変わってきますが、即戦力はどんな人にも重要といえるポイントではないでしょうか。

WEBデザインスクールを決めるのは大変ですが、後悔しないためにもしっかり比較・検討すべきです。これらのアンケート結果も参考に、スクール選びをしてみてはいかがでしょうか。

その他WEBデザインスクール一覧紹介

  • SHElikesの口コミや評判

    あなたは「変わりたいけど何をやればいいかわからない」や「本当はこれをやってみたかった」といった不安や後悔を抱いていませんか。この記事では将来が漠然と不安な方や現状を打破したい方に向けて、私らしい働き方を実現するためのキャリアスクールコミュニティ「SHElikes」について特徴やコース内容などを紹介するのでご覧ください。

    会社名SHElikes(SHE株式会社)
    住所(SHE Aoyama)〒107-0062 東京都港区南青山3-7-21
  • Winスクールの口コミや評判

    WEBデザイナーなど、WEB関連の仕事を目指したいと考えた時、当然その分野の専門知識が必要ですよね。独学で勉強するのも1つの手段ですが、相当頑張らないと必要な知識は身に付かないかもしれません。そんな時に考えたいのが専門のスクールの利用です。この記事では、社会人向けにオススメしたいWinスクールの特徴を紹介します。

    会社名Winスクール(ピーシーアシスト株式会社)
    住所(新宿本校)〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-7-1 松岡セントラルビル 3F
    TEL0120-20-9821/03-6279-4526(授業の予約・キャンセルはこちらで)
  • KENスクールの口コミや評判

    民間のコンピュータ技術者育成スクールであり、IT未経験者をプロに育てる創業30年以上を誇ります。無料体験も実施しており、個別授業であるため初心者でも高度なスキルを身につけられると評判です。今回の記事では、KENスクールの特徴に徹底的に迫ります。IT系への就職・転職を考えている方は必見です。参考にしてみてくださいね。

    会社名KENスクール(株式会社シンクスバンク)
    住所(本店)〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-9-2 久保ビル 4F
    TEL03-6866-2031
  • TechAcademyの口コミや評判

    キラメックスが運営するオンラインスクールであり、さまざまなコースを取り扱っています。現役の実務経験者であるメンターがさまざまなサポートをしてくれるのが特徴であり、オンラインでありつつも手厚い対応に定評があります。今回はTechAcademyの特徴に徹底的に迫ります。プログラミングやWebデザインスキルを磨きたい方は必見です。

    会社名キラメックス株式会社
    住所東京都渋谷区渋谷1-17-4 PMO渋谷8F
    備考HP内にチャットフォームあり
  • CodeCampの口コミや評判

    オンラインのプログラミングスクールであり、レッスンはビデオ通話にてワンツーマンで行われます。通学する必要がないため、自分のペースでスキルや知識を習得できるのです。カリキュラムは多数あり、それぞれの方にマッチした学習ができます。今回はCodeCampの特徴に徹底的に迫ります。ITスキルの習得を目指している方は必見です。

    会社名コードキャンプ株式会社
    住所東京都品川区大崎2丁目1-1ThinkPark Tower
    備考HP内に問合せフォームあり

【FAQ】よくある質問

  • Q 未経験でも大丈夫?
    A 未経験から学べる体制が整っているスクールが多いようです。
  • Q 経験者なのですが…
    A スキル強化のために通う経験者の方も少なくありません。ニーズに合わせ、カリキュラムをカスタマイズできるスクールもあるようです。
  • Q どのコースを選べば良い?
    A 説明会や個別カウンセリングなどを利用して相談してみると良いでしょう。
  • Q 働きながらでも通える?
    A 仕事やアルバイトなどと両立しながら通っている方が多いようです。
  • Q 年齢が気になります…
    A 年齢制限を設けていないスクールも多く、40代以上で通い始める方も少なくないようです。
  • Q 就職のサポートはしてくれるの?
    A 求人情報提供や履歴書チェック、面接対策、ポートフォリオ制作サポートなど、就職のためのフォロー体制を整えているスクールが多いようです。

記事一覧