WEBデザインにおけるコーティングとは?身につけるメリットを紹介

公開日:2023/01/01 最終更新日:2023/11/16

副業や転職への関心が高まっている今「手に職」となる技術に注目が集まっています。WEBデザインにおけるコーティングの技術もその1つです。では、コーティングとは一体どんな技術なのでしょうか。この記事ではWEBコーティングの基礎や、身につけるメリットについて詳しく解説します。ぜひご一読ください。

WEBデザインにおけるコーティングの基礎知識

WEBデザインには色んな専門用語が飛び交いますが、そもそも「コーティング」とは一体どのようなものでしょうか。簡潔にいえばHTMLなどの言語を使ってWEBデザインをネット上で見られるように加工する作業を指します。広く見てもらえる状態にコーティングを行うことで、初めて素敵なWEBデザインとして完成するのです。では、知っておくべきコーティングの基礎知識とはどのようなものでしょうか。

HTMLをマスターしよう

WEBデザインの仕事に関わると頻繁に扱うことになるものが「HTML」です。HTMLとはいわゆるマークアップ言語と呼ばれているものの1つです。マークアップ言語とは「構造を見せるための言語」です。もう少し分かりやすくいうと、文字を強調し、アピールするためのものです。文字だけを単純にWEBサイト上に打ち込んでもコンピューターが文章を適切に処理できるわけではありません。そこで、HTMLによってマークすることで認識をさせます。頻繁に使うものなので、基礎中の基礎としてマスターしましょう。

CSSをマスターしよう

HTMLと並んで必須のマークアップ言語が「CSS」です。CSSは簡潔にいうと「スタイルを決定するための言語」です。HTMLで書いた文章に色を付けたい場合などにCSSを活用します。簡潔なWEBページのデザインならHTMLとCSSでも充分に完成します。ここにプロメイドな加工を加えたいならJavaScriptを加えていきます。

WEBデザイナーがコーティングスキルを身につけるメリット

成長の一途をたどっているWEB業界において、WEBデザイナーとしてコーティングスキルを身に付ける場合には、一体どんなメリットがあるでしょうか。主なメリットは2つ挙げることができます。

副業も独立も目指せる

安定した人気のあるWEBデザイナー業において、コーティングスキルを身に付けることで、副業としての収入も、デザイナーとしての独立も目指せるようになります。デザインだけに特化しているWEBデザイナーもたくさんいますが、デザインに加えコーティングの知識や技術をマスターすると、さらなる飛躍が期待できます。ほかのデザイナーとの差をつける絶好のチャンスです。

優良なサイトを作れる

デザインにいくらこだわっても、HTMLやCSSを実装していないサイトは未完成の状態です。完成していない状態では、優良のサイトとはいえません。デザインとコーティングを両方知っておくことで、初めて機能性のあるサイトが完成します。コーティングをマスターすることで、無為な作業や確認を大幅に減らすことができるメリットもあります。

WEBデザインのコーティングの勉強方法

WEBデザインのコーティングをマスターしたい、身に付けたいと感じたら早速勉強をスタートしましょう。では、一体どのようにコーティングの勉強を行えばよいのでしょうか。

オンラインスクール

新型コロナウイルスの流行を背景に、WEB会議やオンライン授業などが広く行われるようになりました。オンラインスクール業界も盛り上がっており、コーティングに関する授業も開校されています。独学でマスターすることが費用としては一番安価ですが、持続を維持したり分からないことを質問したりできません。オンラインスクールなら、自宅に居ながらにして講師にアドバイスをもらうこともできます。通学費用がかからないというメリットもあります。

通学型スクール

仕事や学校帰りに気軽に寄れる通学型スクールも、安定した人気があります。自宅ではなかなか学ぶ環境を整えることが難しい場合や、対面式で勉強をする方が効率的な場合には、通学型スクールを選択することがおすすめです。教室で自主学習ができることも多く、オンラインとは異なった魅力もあります。また、通学型は仲間が見つかることも挙げられます。仲間とともに成長を目指すことで、やる気が維持できるでしょう。

WEBデザイナーはコーティングできないと仕事がなくなる?

コーティングは、すでにWEBデザインとして活動している方の間でも話題です。WEBデザイナーを目指す以上、やはり気になるのは「コーティングの必要性」でしょう。コーティングができないとWEBデザイナーとしての仕事はなくなってしまうのでしょうか。

結論からいうと「コーティング知識がないと、仕事の受注は厳しい」時代に突入しています。現在WEB業界はさまざまなデバイスに対応したデザインを提供する必要があります。パソコンやスマートフォン、タブレットです。自分でデザインもコーティングもできると、さまざまなデバイスに対応した「レスポンシブデザイン」に対応できないのです。分業制が基本のWEB業界において、デザイナーとしての立ち位置を確保していくためにも、コーティングはマスターしておきましょう。

まとめ

今回の記事では、今話題の「コーティング」について詳しく解説しました。WEBデザイナーも椅子取りゲームとなりつつある時代の中で、副業・専業のいずれであってもコーティングの知識と技術を身に付けることには、大きなメリットがあります。これからWEBデザイナーを目指す方も、現在自分の実力に物足りなさを感じているWEBデザイナーの方も、この機会にコーティングのマスターを目指してみませんか。

【東京】社会人でも通えるおすすめのWEBデザインスクール

イメージ
会社名東京デザインプレックス研究所HAL東京ヒューマンアカデミー インターネットアカデミー
特徴本物のデザイン力が身に付く!
フリートレーニング3年無料!
ゼミや体験学習が充実しているオンライン講座が便利海外へ就職の可能性も拡がる
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら